本当に必要なのか、考えてみる。【小さな成長1952】

スポンサーリンク

便利なものは、利用しましょう。

つかわなくなったサービスから、便利なサービスへと変わっていきます。

便利なものに、切り替えていきましょ
こんなことができるんだということが、たくさんあります。

知らないだけで、世の中には、便利なものがたくさんあります。

何年も契約しているけれども、今はまったくつかっていないサービスがあります。

当時は最先端でしたが、今は、それに替わるより優れたサービスがどんどん生まれています。

新しいサービスは、生まれたばかりのときは、あっちこっちに欠陥があります。

それが、ある程度時間がたつと、本当にいいサービスなら強化されて、便利なものになっています。

スポンサーリンク

スマートフォンも、2年、3年前の出始めのものはカクカクしていましたが、今の最新のスマートフォンは、つかいやすさが全然ちがいます。

逆に、何年もたつけれども、進歩していないサービスがあって、何となくつかいつづけてしまっているものがあります。

本当に必要なのか、考えてみましょう。

何年もつかっているからといって、本当に必要とは限りません。

時代遅れになっているのではないかと、考えてみるといいのです。

■成長するために<1952>
時代遅れなものは、やめよう。

スポンサーリンク