疲労困憊なときに決断してはいけない。疲れているときは自分でも信じられない決断をする【小さな成長3031】

疲れているときは決断しないことだ。

疲れていると自分でも信じられない決断をする。

疲労が極限の状態だと、もういいやどうにでもなれというような状態ではなく、迷わずに決断する。

その決断は、極限のときにしかしない決断。

普通のときには思いもしない決断を、極限に追い込まれているとする。

そんな極限に追い込まれた決断などしないほうがいい。

極限ではなくても、疲れているときはよくない決断をする。

寝不足な生活をやめることだ。

寝不足は、よくない決断をする。

疲労というのは決断にはよくない。

寝ると疲れが取れる。

1日休みの日をつくって寝る。

時間を気にしないで寝る。

寝ると、あんなに重たかった体の疲れが取れる。

寝ることの大切さ。

寝ることができれば大概のことは我慢できる。

寝て体が軽い状態になれば、いい決断ができる。

寝不足になると、我慢していても我慢以上にイラっとすることが増える。

イラつかないようにするには寝ることである。

眠いのを我慢しながら起きているのは非常につらい。

残業し過ぎると、寝る時間がなくなる。

残業が多いと、寝る時間が減ってイライラして余計なことに金を使う。

寝不足ではいい生活ができない。

時間を気にしないで寝る。

時間を気にしないで寝たあとは体が軽い。

体が重いというときは、体は疲れている。

体が疲れていると決断力が鈍る。

いい決断が、体が疲れているとできなくなる。

体が疲れていて疲労困憊だと間違った決断をする。

体力の消耗が激しいときは、自分でも信じられない決断をする。

そういう非常に疲れているときの決断は、あとで後悔する。

疲れているときは、決断してはいけない。


■成長するために<3031>
決断は、体を休めてからしよう。