動物の睡眠時間。動物はいつ寝ているのか考えるのも面白い【小さな成長3039】

3日間くらいひたすら寝ていると、仕事をしなきゃなという気になる。

3日間くらい寝ると、さすがに頭が痛くなる。

寝過ぎなのだろう。

ブログかラジオか忘れたが、睡眠時間の取り過ぎも体に良くないというのがあった気がする。

体に良くないというよりも、脳に良くないのだろう。

3日間寝てばかりいると頭が痛い。

ふと思ったが、猫は寝ているのか。

寝ているのか、それとも目をつむっているだけなのか。

猫は、体を休める天才なのだろう。

確か猫は、餌を捕る工夫をしない動物だった気がする。

努力しない発想というのは大事だ。

頭を痛がっている猫を、見たことがない。

私は、猫を家の中で飼ったことがないので、寝過ぎで頭が痛い猫を見たことがないだけなのか。

7時間8時間寝る動物は、人間以外にどんなのがいるのだろう。

牛や犬の睡眠時間は短い気がする。

そもそも、動物は熟睡など本来はしないのだろう。

熟睡していたら、外敵に襲われる。

野生の動物を見る機会がかなり減った。

人間は、70年80年生きる。

人間に比べ、猫や犬や牛は10年生きればかなりの長生き。

動物の睡眠時間。

猫や犬や牛は、生きている時間が人間に比べ短い分普段は寝ないのか。

寝ない分活動時間を増やすのか。

それとも、いつも寝ているのか。

動物の睡眠時間を考えるのも面白いものだ。

■成長するために<3039>
1日動物の様子を観察しよう。