仕事もできず仕事を教えるのも下手な社員が上から目線で矢継ぎ早に命令してくる。テンパっているだけだ【小さな成長3046】

スポンサーリンク

たまに、仕事ができないくせに上から目線で命令してくる勘違いした社員がいる。

仕事の邪魔だから静かにしていることだ。

仕事のできない奴ほど、次から次へと矢継ぎ早に仕事の指示を出してくる。

テンパっているのである。

そして、使いやすい奴にばかり仕事を振ってくる。

仕事のできる人間は、上から目線で仕事は教えない。

仕事のできる人間は、命令口調にはならない。

命令口調にならないし周りから認められているから、使いにくい奴もそいつの言うことは聞く。

人に仕事を教える才能がないのに、人に仕事を教えようとしないことだ。

エース級に仕事ができても、人に仕事を教えるのがうまいとは限らない。

エース級に仕事はできるが、人に仕事を教えたり人に仕事をやらせるのが下手と分かっている人は、無理に仕事は教えない。

エース級に仕事のできる無口な人は、次々に仕事を終わらせていく。

一番手に負えないのは、仕事ができない上に仕事を教えるのも下手で威張っている社員。

仕事もろくに教えられないのに、上から目線で威張っている社員。

そんなに偉そうにするなら1人で全部やればいいのである。

人に仕事をやらせておいて、偉そうにしていてはいけない。

言い返さない奴をつかまえて、使いやすい奴にばかり仕事を振る仕事のできない社員というのは最低な人間だ。

■成長するために<3046>
無理に仕事を振るのはやめ、静かにしていよう。