嫌な奴は無視する。相手にしていては精神が持たない。いくら体があっても体が持たない【小さな成長3061】

スポンサーリンク

どこの職場に行っても嫌な奴はいる。

どこに行っても嫌な奴はいるわけだから、ある程度嫌な奴は我慢するしかない。

嫌な奴は我慢するか働かないか。

働く必要がないのなら働かなければいい。

だが大半は、働かなければそのうち食に困る。

仕事は覚えたら、連続でやる。

月に一度では、いつまでも仕事を覚えられない。

あまりにやる回数が少ないと、次やろうと思えなくなる。

一度やった仕事は、覚えるまで連続してやる。

初めてやる仕事は、あまりたくさん質問しない。

質問ばかりする奴はうっとうしい。

自分で考えれば分かることをいちいち質問しない。

まだ慣れない仕事をする時は、とにかく与えられた仕事を夜がくるまでやる。

連続で毎回同じことを繰り返せば嫌でも覚える。

新しい仕事をする時に嫌な思いをするのは、顎で使われること。

どこの職場へ行っても、人を人だと思っていない奴はいる。

そういうのは耐えていかないと仕事がなくなるのだから仕方がない。

そういう人を人だと思っていない失礼な奴は、相手にしなければいい。

そのうち新しい新人をつかまえていじめるのだから。

仕事が辛くて辞めていたらいくら辞めてもまた辞める。

そういう人を人と思っていない奴にいちいち悩んでいては、いくら体があっても体が持たない。

精神が持たない。

その会社自体がおかしな会社なら今すぐやめるべきだが。

普通の人が普通にいて中に人を人だと思っていない奴がいる場合は、そういう奴は相手にしなければいいのである。

■成長するために<3061>
嫌な奴は無視しよう。