家を綺麗に掃除する。毎日生活している家が汚いと新しいことを始めてもうまくいく気がしない【小さな成長3066】

スポンサーリンク

家が汚いのにいろいろなことを始めないことである。

汚い空間で新しいことを始めてもうまくいく気がしない。

どうしようと思った時は掃除をする。

何をしたから劇的に生活が変わるということはない。

必要に迫られてやることというのはあまりプラスではない。

必要に迫られないほうがいいわけだ。

さて、これからどうしようと思う時も、とりあえず掃除から始める。

部屋というのは、何かとゴチャゴチャしてくる。

捨てればいいのだが、ゴミの分別というのがこれまた面倒くさい。

間違ったゴミの日に出すと間違ったゴミは持って行ってくれない。

考え事の前に掃除をする。

とりあえず掃除をする。

掃除も頑張らない。

何となく掃除をする。

何となく掃除を始める。

いい選択にならないのは、そもそもいい場所で考えていないというのがある。

考えている場所が悪い。

自分の部屋で生活する時間は長い。

毎日どこかに行くわけでもない。

仕事に行って家に帰ってくる。

家では寝るだけという生活でも、寝ている時間は家にいる。

毎日家に寝に帰ってくるだけという生活は、なおさら家が汚くなる。

そんなに頑張らなくてもいいから、少しでも家を掃除することだ。

■成長するために<3066>
新しいことは、家を掃除してから始めよう。