音を真似る。音を真似れば仕事は飛躍的に速くなる【小さな成長3070】

仕事の速い人がいる。

神業と思う速さである。

驚くことはなくて、毎日やっている人にとっては当たり前の速さ。

毎日やっていれば普通に速くなる。

こういう速さの仕組みは好きなことに応用できる。

好きなことも速さを楽しむ。

仕事が速いことにあまり最近は興味はないのだが、それでも仕事の速い人と一緒に仕事をするといい刺激になる。

仕事の速い人は、音が違う。

仕事の速い人と同じ音を出せれば、仕事は飛躍的に速くなる。

仕事が速くなっても社畜として扱われるだけで大したいいことはないのだが、それでも仕事が速くなりたいと思う人は、仕事の速い人の音を真似てみるといい。

仕事の速い人と同じ音は、まったく出せない。

最初は仕事の速い人と同じような音は出せないが、自分が出している音が少し変わる。

音を真似ようとすると、自分の今やっている仕事のやり方とは根本的に違うことが分かる。

例えば、パソコンのブラインドタッチ。

ブラインドタッチの速い人と遅い人では音が全然違う。

ブラインドタッチは、速い人がそこら辺にたくさんいそうだからあまりいい例ではなかったか。

あまり見ない仕事で、それを毎日なっているような人が出している音。

私もブラインドタッチはできるが、ブラインドタッチの速い人は誤入力がない。

私は、ブラインドタッチは速くない。

入力ミスを直しているうちに時間が経つ。

もしかすると、ブラインドタッチの速い人は、凡人が気づかないスピードで入力ミスを修正しているのかもしれない。

確かに仕事を速くやっていると、ミスに気づくのも速くなる。

頭が、フル回転している時はいろんなことを同時に脳が認識しているような気がする。

気がするだけで、あまり根拠はないのだが。

速くなる秘訣は、ブラインド入力を覚えることなんじゃないかと昨日思った。

スマートフォンの入力も、指先を見ないで入力すると速くなるのでは。

だが、スマートフォンの入力は音が出ない。

これも、あまりいい例ではなかったか。

■成長するために<3070>
速ワザを真似よう。