感覚を鈍感にする。感覚が敏感だと喧嘩になる【小さな成長3073】

喧嘩を避ける。

喧嘩にならないように気をつける。

感覚が敏感だと言わなくていいことを言う。

一言多くなるのは、敏感だから。

毎日ご機嫌ならいいが、気分の良くない腹の虫の居所の悪い日というのがある。

そういう今日は喧嘩しそうだと思う日は、衝突をさける。

人と関わらないのが一番である。

人と関わらないで一日過ごせればいいが、そういうわけにもいかない。

ムカつく時というのはどうしてもある。

今日は、腹の立つことが多い日と感じた時は、口数を減らす。

無理に人と関わらない。

夜がくるまで人と関わらないで過す。

不機嫌というのは疲れる。

できるだけ不機嫌にならないようにしていく。

喧嘩を売られないようにする。

人混みにいくのはやめる。

混んだところというのは、喧嘩になる。

混んだところは、イライラした人の固まりである。

そんなイライラしたところにわざわざいかない。

睡眠不足は、喧嘩の元。

イライラしたところには行かないのが一番であるが、どうしてもいかなければいけない時がある。

どうしてもイライラした場所に行かなければいけない時は、事前にたくさん寝ておく。

寝ておくと鈍感になれる。

敏感は事故の元。

たくさん寝て鈍感になっておくことだ。

■成長するために<3073>
感覚を鈍感にしよう。