不運な縁を切る。不運な縁はスタートの時期に切る。スタートは縁を切る時期辞める時期捨てる時期【小さな成長3074】

スポンサーリンク

やめるというのを、始める。

過去を活かそうとしない。

過去より未来のほうが運がいい。

不運だった過去を活かそうとしないことである。

過去の縁というのは不運。

不運な縁は切る。

自分にとって嫌と思う縁は不運である。

もう面倒くさいと思う縁も不運である。

始める時期は、嫌と思うこと面倒くさいと思うことは我慢しない。

ムカつく奴には、堂堂と文句も、始める時期には言う。

始める時期は、自分を変える時期。

言われっ放しでは腹が立つ。

いいように利用されっ放しでは腹が立つ。

人をナメるのも大概にしろよということを、言ってやることだ。

やめるということをやっていく。

スタートの時に、やめることもしていく。

待つ時期というのは何もしない。

何もしないというのは、続けるということ。

季節が変わり始める時となったら、やめるということも始める。

今まで切れなかった縁を切る。

やめられなかった契約をやめる。

会社を辞める。

いらない物を捨てる。

身の回りを整理する。

スタートの時期というのは、リセットの時期でもある。

スタートの時期というのは、縁を切る時期会社を辞める時期捨てる時期である。

不運を捨てる。

持っていたけれども使わなかった物というのは、いくら持っていても使わないのだから捨てる。

今まで不運だったということは、持っている物も不運なのである。

今まで不運だったということは、付き合っていた人にも運がなかったということである。

ずっと使っていない契約は解約する。

使っていない物ということは、必要のない物。

使っていない契約は、スタートの時期にやめる。

嫌と思うような縁は、いらない縁。

スタートの時期に会社を辞め、自分の好きなことをスタートする。

スタートの時期にやめて、身軽にする。

スタートの時期に縁を切って身軽になる。

契約するばかりが、スタートの時期にやることではない。

契約が増えると管理しなければならなくなる。

管理することが増えると時間を奪われる。

付き合いが増えると時間を奪われる。

好きなことする時間が奪われる。

管理することが増えると、好きなことをする時間が減る。

自分が嫌な気持ちになる縁も、スタートの時期に切る。

縁を切れなくて悩む。

嫌なことで悩むというのが、好きなことをする時間を奪う。

今まで切れなかった縁は、スタートの時期に切る。

スタートの時期は、さよならするにもいい時期だ。

■成長するために<3074>
いらない縁と、さよならしよう。