自分の性格を心で感じる。性格は失敗成功という分かりやすいものではないのだから【小さな成長3151】

スポンサーリンク

人とのコミュニケーションが上手な人がいる。

誰とでも打ち解ける。

コミュニケーションの下手な人もいる。

コミュニケーションが下手というよりも、どう自分を表現すればいいのか分からない。

子供のまま大人になった人。

自分の性格が嫌になる時がある。

嫌になっても、自分の性格は自分。

人は他人の性格に憧れる。

他人は、自分には無いものを持っている。

憧れた性格になろうとする。

自分ではない偽りの性格になる。

偽りの性格は、本来の自分ではない。

自分の性格を大事にしていくことだ。

自分の本来の性格というのは個性。

個性が強くて周りとうまくやっていけない。

個性が強い時には、人と積極的にコミュニケーションを図る。

積極的にコミュニケーションを図ることで突き抜ける。

もっと多くの人間とコミュニケーションを図ることだ。

コミュニケーションを図る経験を増やし、自分の個性をもっと固有のものにしていく。

自分の本来持っている性格を大事にすることだ。

自分の性格が嫌で虚しくなる時がある。

電車の窓から見える景色。

夜空を見ているのに、気持ちは沈む。

星は、本当はその星にしかない輝きがあるはずなのに、星が見えない。

独りになりたい気分になる。

自分ではなくなり普通になろうとする。

失敗すると自分の性格がだめなんだと思う。

こういうことはいけないからやめようと思う。

憧れた性格に、自分を抑えてなろうとする。

憧れた性格になろうとする無い物ねだり。

隣の性格は良く見える。

無い物ねだりもやってみればいい。

無い物ねだりもやってみると、自分の性格も捨てたもんじゃないのかもなという部分を感じる。

自分の性格に感じる部分がある。

心で自分の性格を感じていく。

頭で考えて自分の性格をどうこうしようとしない。

もう一度自分の性格を心で感じ直してみることだ。

失敗も含め自分である。

失敗、成功と考えるからうまくいかない。

失敗、成功という分かりやすい分けやすいものではないんだ。

心というものは。

性格というものは。

自分の心。

自分の性格。

もう一度感じるままに生き直せばいい。

自分の性格を心で感じていくことだ。

頭で考えるのではなく心で自分の性格を感じることだ。

小さな成長<3151>
もう一度自分の心が感じるままに生きよう。