凍りついた無表情の顔。コミュニケーション障害にならないよう気をつける【小さな成長3156】

氷のように凍りついた表情になるのは気をつけないといけないなと思う時がある。

目が死んでいく。

氷のような冷たい無表情をしていると、人とのコミュニケーションができなくなる。

寡黙と無表情は違う。

寡黙な人は、相手を包むような優しい笑顔ができる。

氷のように凍りついた冷たい無表情で無言の人は、人を刺すような言動をする。

氷のように凍りついた冷たい表情をした人は、表と裏がある。

コミュニケーションで大切なのは、柔らかい表情柔らかい目である。

心が凍っていると、柔らかい表情はできない。

心が凍ると、目の奥に鋭くとがったトゲができる。

氷で閉ざされた心。

氷のように凍りついた無表情な人は、コミュニケーション障害になりつつある。

凍りついた顔をしている人は、人との簡単な会話ができない。

凍りついた顔をしていると、人を言葉で刺すような話し方しかできなくなる。

心が冷たく凍っていて、人を言葉や態度で切り裂く。

閉ざされた空間でいつも似たような人としか接していないと凍りついた顔になる。

■小さな成長<3156>
凍りついた刺すような顔にならないようにしよう。