ストレスを愛で包む。頭を下げ相手を愛で包む【小さな成長3161】

心が感じたことを全部口に出していては、うまく生きていけなくなる。

かといって、自分の内に溜め込むと精神がおかしくなる。

ストレスであるが、我慢する発想ではいつまで経ってもストレスから開放されない。

ストレス発散には限界がある。

せっかく旅に出て、ストレスを解消しても、普段の生活に戻れば一時間もしないうちにストレス地獄に戻る。

非日常に身を置いても、日常に戻ってくるとあっという間にストレス地獄に戻る。

ストレス発散という発想を考えない。

愛のある生活。

奴隷のような生活。

対人関係でストレスというのがたまる。

ストレスを受け流すのではなく。

ストレスを受け止めるのではなく。

経験が増えると、心はストレスをぶつけてくる人を上手に愛で包んでくれる。

ストレスとは敵対心。

敵視するとストレスは大きくなる。

人に頭を下げるというのは、ストレスを愛で包むということ。

今までは、ストレスをかわすために頭を下げてきた。

同じ頭を下げるでも、今度はストレスを愛で包む。

ストレスを愛で包めるようになると人間のレベルは格段に上がる。

どれだけ馬鹿にされようが、まったく気にならなくなる。

どれだけ侮辱されようが、まったく腹が立たなくなる。

ストレスがまったくたまらなくなる。

愛とは、相手が望むことを暖かく見守ること。

愛とは、相手がなりたい自分になれるよう応援すること。

まったく今までストレスと戦ったことがないという人はいないだろう。

激しいストレス地獄を乗り越えると、相手を愛で包めるようになれる。

■小さな成長<3161>
ストレスを愛で包もう。