自分の心を守る。嫌な人間といつまでも一緒にいてはいけない【小さな成長3214】

スポンサーリンク

「ああ嫌だ」と心の底から思う時がある。

そういう時に気づける。

早くこの環境とは縁を切ろうと心の底から思う。

腹の立つ人間というのは、長い間そういう人間として生きてきているわけなのだから、今更どうにもならない。

そういう人間をどうにかしようと思うだけ時間の無駄。

腹を立てるだけ時間と労力の無駄である。

もし、真剣にこちら側に危害を加えてくるのなら専門家に相談しなければいけない。

弁護士や警察ではなく、その道のプロに相談する必要がある。

警察というのは現行犯にはすぐ動いてくれる。

しかし、現行犯ではすでに遅いのである。

腹の立つ人間には関わらないのが一番である。

腹が立つくらいならまだいいが、恐怖する状態となると良くない。

いつまでもそんな環境にいることはない。

自分の好きなことに磨きをかけ、嫌な環境からはおさらばすることだ。

嫌な人間といつまでも一緒にいてはいけない。

嫌な人間といつまでも一緒にいては心がおかしくなる。

■小さな成長<3214>
嫌な人間とは決別しよう。