体質を変える。体質を変えるきっかけをつかむには外に出て好きなことで頑張っている人を見ることだ【小さな成長3218】

スポンサーリンク

好きなことを一週間続ける。

体を動かし汗を流す好きなことを一週間続ける。

一日1時間半から2時間くらい好きなことで心地良く汗を流す。

そうすると体質が変わり始める。

体質が変わり始めるが、やめるとすぐ元に戻る。

それでも、自分の体質は変えられるんじゃないかと気づくきっかけになる。

体質が変わり始めた時、自分が持っている体の力に気づける瞬間がある。

私は鼻が悪い。

アレルギー性鼻炎である。

アレルギーというのは予防すればするほどアレルギー持ちになる。

病院でアレルギーの検査をする。

アレルギーの検査をすると、ご丁寧にこのアレルギーとこのアレルギーとこのアレルギーがありますと教えてくれる。

アレルギー予防にマスクをして薬を飲んで花粉が飛ぶ季節は外出を避けてとやっていると、そのうちどこにも行けなくなる。

アレルギーの検査をすると今度はハウスダストのアレルギーがありますとなる。

そうすると、家にも住めなくなる。

私は病院に行くのはやめにした。

マスクをするのもやめにした。

マスクをしなくなって気づくのは、マスクをしているのって変だなということ。

マスクをして帽子までかぶり始めたら変質者と思われる。

マスクをしただけで人相は分からなくなる。

マスクに帽子では人相はまったく分からない。

マスクと帽子を取った時の素顔を見て驚く。

マスクと帽子をつけた人ほど、人のことを怪しいと言う。

マスクと帽子をつけた人は、自分自身が変質者になりかけていることに気づけなくなっていく。

マスクに帽子、ダメ出しの花粉予防サングラスともなれば、警察に呼び止められても仕方がない。

病院に行けば行くほど病気になる。

精神までおかしくなる。

病院に行くのは結構面倒くさいことなのに、病院に行かなきゃいけないとなっている精神状態。

洗脳。

依存症。

市販の薬で十分。

市販の薬は自分のアレルギー性鼻炎に合うものと合わないものがある。

たまに新しいアレルギー性鼻炎の薬を買って試してみると合わないことがある。

アレルギーの薬も飲み過ぎないようにする。

一日3回と書いてあるが、一日1回。

飲まなくていい日は飲まない。

自分の体が持つ力を引き出すには、汗を流すことだ。

一週間、好きなことで毎日汗を流すと鼻炎の薬を飲み忘れる日がある。

一日薬を飲むのを忘れるというのは、鼻炎が気にならなくなっているということ。

自分の体自身が鼻炎に対応してくれている。

汗を流すというのは楽ではない。

運動すれば、体は疲れる。

1時間半も動きっ放しでは疲れるだろうと思う。

それが、好きなことだと不思議とできてしまう。

好きなことで汗を流したあとのシャワーやお風呂は実に気持ちが良い。

楽をして体質を変えようというのは無理な話である。

楽して痩せる。

寝ている間に痩せる。

というのは、そんなことはあるはずがない。

もしかすると痩せるのかもしれないが、代わりにどこかが悪くなっていそうだ。

寝ている間にも人は汗をかくというが、運動をして流せる汗の量とは比較にならないだろう。

寝ていては心拍数も大した上がらない。

寝ているのに心臓がバクバクし始めるのなら「どこか悪いんじゃない?」となる。

寝ているのに心臓がバクバクするんじゃ、そういう時こそ早く病院へ行かないといけない。

小学校の体育でランニングがあった。

走っているうちに汗が出て呼吸も変わってくる。

元々人間というのは、体を動かすことが好きなはずである。

子供を見ていると、よく走っている。

子供は、すぐ走りだす。

親に注意されても駆け出したくて仕方がない。

それが、体が成長するにつれて走らなくなる。

気持ち良く外で好きなことをしながら汗を流していると、同じく気持ち良く汗を流している人を見かける。

テニスをしている人、ランニングをしている人、自転車に乗っている人。

この間、汗だくになりグチャグチャな顔になりながらも一生懸命走っている太った女性を見かけた。

こういう人には心を打たれる。

頑張れと応援したくなる。

たとえ途中で挫折しても、何度でも挑戦し直したくなる。

■小さな成長<3218>
外に出て頑張っている人を見よう。