自分の体を信じる。自分の体ができることの限界はこんなもんじゃない【小さな成長3239】

スポンサーリンク

自分の体を信じることだ。

なんだってできる。

興味のあることは、思い切って挑戦することだ。

挑戦する前に「失敗したらどうしよう」と考えると怯む。

失敗を考えると「やめておこう」となる。

挑戦しないことには、現状を打破できない。

挑戦しないと、妥協の毎日となる。

挑戦しなくなると、毎日毎日何となく過ぎていく。

何となく毎日が過ぎ、1年はあっという間に経つ。

何となく毎日が過ぎ、自分の体はどんどん弱くなる。

失敗を恐れると挑戦しなくなる。

20代の頃のような思い切ったことを、50代に近づき始めるとしなくなる。

自分がやろうと思っていたこと。

頭の中で計算する。

頭の中で計算を始めると、挑戦しなくなる。

計算何てしないことだ。

いくら計算しても、計算したようにはいかないから新たな発見がある。

いくつになっても、挑戦することだ。

理想を高く持つ。

理想を高くすると、行動する。

理想を低くすると、行動しなくなる。

理想は高く。

練習よりも本番。

実践は一番成長する。

実践しながら変える。

挑戦しながら変える。

将来やろうと思っていることを、どんどんやる。

自分の体を酷使する。

自分の体を使って、思う存分挑戦する。

肉体の限界は、そう簡単にはこない。

自分の体はもっとできる。

自分の体をもっと使うことだ。

■小さな成長<3239>
自分の体を信じよう。

疲れている時に無理な挑戦はしない。疲れている時に無理矢理挑戦すると嫌になる【小さな成長3238】

疲れている時は、無理な挑戦はしないことだ。

挑戦は、疲れていない時にする。

疲れているに無理矢理挑戦すると嫌になる。

挑戦する前は、疲れを取ることを第一に考える。

疲れが溜まったままでは、挑戦は続かない。

自分の好きなことがある。

1人でやりたいことが、自分の好きなこと。

好きなことの中にも、面倒くさいと思うことがある。

面倒くさいことも、何か楽しむ方法はないか探してみる。

楽しむ方法は、実はいろいろあるのだろうが、なかなか楽しむ方法にたどり着かない。

面倒くさいと思ったことでも、やってみると意外と夢中になれることがある。

何でも面倒くさいで片付けないことだ。

面倒くさいことをやろうという時は、疲れていない時にする。

好きなことをするというのは、結構大変だ。

面倒くさいけれども、やってみたいということが好きなこと。

好きなことは、手間がかかる。

何か始める時は、疲れを取ってからにする。

疲れていると嫌になる。

心が追い込まれる疲れは、二度と経験したいとは思わない。

疲れてくると、敏感になる。

感じなくていいことを、疲れてくると感じる。

疲れてくると、思わなくていいことを思う。

疲れている時に嫌な思いをすると、もう一度やってみようとは思わない。

疲れている時に感じることは「もうやめておこう」という感情。

続けるには、疲れる前にやめる。

挑戦する時は、少し物足りないくらいでやめておくことだ。

■小さな成長<3238>
疲れる前に、切り上げよう。

達成感は、始めないことにはいつまで経っても得られない【小さな成長3237】

達成感というのは大事である。

達成することで、さらなる挑戦ができる。

前々からやろうと思っていたことを始める。

前々からやろうと思っていたことは、始める時に勢いがいる。

始めれば流れに乗れるのに、最初の一歩を踏み出せない。

大きな一歩とはいかないが、それなりの一歩を踏み出す。

とにかく始めることだ。

とにかく始めて、必要なものを揃える。

イメージと実際は違う。

実際試してみると、使わなかったり合わなかったりする。

始めてみて、初めて必要なものが分かる。

始めることで、いらないものが分かる。

始めるのに何も準備しないわけにもいかないから、ある程度準備したら始める。

トラブルが起きた時の準備をしておく。

実際に起きた時と練習は違うだろうが、予測できる準備はしておく。

最低限の必要なものを揃えたら、スタートする。

実際に始めると「ようやくここまできた」という達成感がある。

始めるということは、一つの達成だ。

考えていることは、実際はなかなか始められない。

考えていたことが、ようやく始められる。

始めることで、達成感を得ることだ。

成し遂げるだけが、達成ではない。

始めることにようやくたどり着くのも、達成なんだ。

■小さな成長<3237>
今まで思っていたことを、思い切って始めよう。

相手に気を使い過ぎない。相手に気を使い過ぎると嫌になって長続きしない【小さな成長3236】

相手に気を使い過ぎないことだ。

相手に気を使うというのは、とても疲れる。

疲れる割にあまりいいこともない。

気を使い過ぎると、知らず知らずのうちに相手に求めてしまっていけない。

誰しも良く見られたいと思う。

良く見られたいと思って空回りする。

無理は、空回りになる。

自分の気持ちに無理しないことだ。

自分の気持ちを大事にする。

自分の気持ちを押し殺してまで、相手のために何ていうことをやっていては関係が長続きしない。

自分の好きなことを大事にすることだ。

自分の好きなことを我慢しても、あとで反動がくるだけだ。

■小さな成長<3236>
相手のためというのは、ほどほどにしておこう。

寝ているうちに時間は経つ。疲れている時は考えるより寝てしまうことだ【小さな成長3235】

深くは考えないことだ。

いくら考えても答えのないことがある。

いくら考えても答えのないことで思い悩むことはない。

考え過ぎないことだ。

難しいことを考えて心を痛めてはいけない。

難しいことを考えるよりも寝る。

睡眠というのは実にいい。

寝ているうちに時間が経つ。

自分の好きなこと。

自分の世界。

自分が1人になれる空間。

自分の時間。

寝ている時は、1人になれる。

寝て忘れることだ。

■小さな成長<3235>
難しいことを考えるより寝よう。