感じ良くできるのは才能。感じ良くできる秀でた才能を大事にする【小さな成長3230】

スポンサーリンク

挨拶というのは、意外と大事である。

心が荒んでくると、挨拶ができなくなる。

挨拶をしない人と一緒にいると、挨拶ができなくなる時がある。

挨拶をしない淀んだ空間。

挨拶ができなくなると、さらに心が荒む。

元々挨拶をする習慣のない人がいる。

挨拶をしない人と同じ環境にいても、挨拶することだ。

挨拶できるのは、実は能力があるということ。

わざわざ挨拶できない人に合わせることはない。

感じの悪い人に合わせて、自分まで感じ悪くなることはない。

感じの良い人というのは、多いようで少ない。

感じが良いのは、秀でた才能だ。

■小さな成長<3230>
感じが良いことに、自信を持とう。