才能が無くても気にしない。本当に好きなことは才能が無くてもチャレンジしてみたいことなんだ【小さな成長3241】

スポンサーリンク

「才能が無い」と、がっかりすることはない。

「生きている間にどれだけ自分の才能を伸ばせるか」というのが大事である。

「何であの人は、あんなに速く仕事ができるんだ」

「どうして、あの人はあんなに運動神経が良いんだ」

「どうして、あの人はあんなに頭の回転が速いんだ」

才能の差を感じる。

才能のある人は、いとも簡単にできてしまう。

才能の無い人はかなり頑張っているのに、才能のある人にはまったく敵わない。

まったく敵わなくても、そんなに落ち込むことはない。

これから才能を磨いていけばいい。

上には上がいるし、天才の中にはさらなる天才がいる。

「自分は天才だ」と天狗になると、それ以上才能は伸びない。

「自分には才能が無いから無理だ」と諦めるのはもったいない。

自分の才能をこれから引き出していけばいい。

自分の才能が、これからどれだけ伸びるかはチャレンジしてみなければ分からない。

もしかすると、生きているうちはまったく開花しないかもしれない。

一生うだつが上がらないかもしれない。

それでも挑戦してみたい。

ということが、自分が本当にやってみたい好きなことなんだ。

■小さな成長<3241>
才能が無くたって、挑戦しよう。