熱中してもほどほどでやめる。飽きるほどやると続かない【小さな成長3275】

スポンサーリンク

飽きるほどやらないことだ。

好きなことでも、飽きるほどやると続かない。

好きなことでも、ほどほどでやめる。

夜中、海外ドラマをつい見てしまうのは、また明日があるから。

好きなことで疲れるのは良いなと思う時がある。

全身を使う。

体全体が疲れる。

朝起きると筋肉痛である。

筋肉痛は、自分の体を使っているなと思える。

子供の頃は、体育の授業があった。

大人になると運動する機会はほとんどない。

体を動かさなくなる。

年を取ると、次第に体の痛いところが増える。

困ったものだ。

意識して体を使う。

便利なのは良いのだが、便利な物ばかり使っていると汗をかかなくなる。

体を動かし、たまには心拍数を上げてみる。

心拍数を上げてみると、年を取ったことが分かる。

肺活量は、どれくらいまで落ちたのだろうと感じる。

運動を始めてテンションが上がっても、ほどほどにしておくことだ。

運動は、続かない。

一時は盛り上がるのだが、続かない。

熱中して運動は意欲が盛り上がるのだが、そのうちやらなくなる。

ほどほどでその時はやめて、また明日にすることだ。

また明日の楽しみにとっておくことだ。

■小さな成長<3275>
続きは次回にしよう。