やさしさを、いつの間にか忘れている。【小さな成長2021】

スポンサーリンク

サービス精神は、才能です。

素質です。

ふとした一言に、心温まるときがあります。

いい会社だなと思う瞬間は、人を虫けら扱いしない人がいるときです。

その組織で長く働いていると、会社の顔であることを忘れていきます。

会社には、さまざまな人が関わっています。

掃除のおばちゃん、警備のおじさん、ヤクルトのお姉さん、バイトや派遣、今日だけの人もいます。

人との接し方で、どういう会社なのかは分かります。

スポンサーリンク

会社の扱っている商品や、提供しているサービスへつながっていきます。

いい商品を売っている会社には、サービス精神のある人がいます。

人を奴隷のようにつかう会社の商品は、売れません。

たとえ売れたとしても、長くはもちません。

いい商品は、それなりにいい値段がします。

しかし、その値段を上まわるサービスがあります。

目の前のお客様には、マニュアルのあるサービスがあります。

お金を払っていないから、お客様ではないということはありません。

いいサービスを受けると、その商品を買いたくなります。

その商品を造ったり直したりしている人から、その商品と関係のないことで、サービスを受けることがあります。

「どうでした、見つかりましたか」と、あとで声をかけてもらえると、びっくりします。

普通は、もう忘れているものです。

「この会社には、人がいるな」と、思います。

スポンサーリンク

人間不信になったあと、人を信じられなくなっていきます。

考えるのが、バカバカしくなっていきます。

それでも、やさしさを忘れないことです。

もう一度、思いだしてみることです。

サービスは、誰でもできるわけではありません。

自分の才能を、閉ざしてしまわないことです。

■成長するために<2021>
商品と関係ないところで、サービスしよう。

スポンサーリンク