元気に笑顔で声を出して、空気をかえる【小さな成長2334】

スポンサーリンク

何かをしようと思う時には、テンションを上げていきましょう。

うまくいかない時というのは、テンションが低いのです。

テンションの上り下がりが激しいのは、それはそれで疲れますが、そうではなくて、ぐっと腹に力を入れるようなそういう瞬間をつくることです。

例えば初対面のあいさつ。

あいさつは先手必勝で、元気がいいのが大事なのです。

初めて会う人には、元気よくあいさつをしていく。

最初のあいさつを元気よくやると、もうそうするだけ勝手にテンションは上がるから、その後は楽なのです。

毎日の仕事は、大切なのは、朝一番のあいさつです。

朝、出勤したら、最初に上司のところへいって、元気よくおはようございますとあいさつをしてみることです。

スポンサーリンク

そうするだけで、その日1日を高いモチベーションでスタートできるのです。

仕事も生活も、人と人とのコミュニケーションです。

元気のない人に仕事は頼みたいと思わないし、生き生きしていない人から商品を買おうとは思わない。

逆に、元気があれば、それだけで一歩抜きん出ることができるのです。

どうも今日はうまくいかないという日は、すでに弱気になっています。

気持ちが後ろ向きになっていて、話し方も後手後手です。

それでは、相手によくは思われないし、嫌な思いをさせられることになるのです。

うまくいかないという時には、元気に笑顔で声を出していくです。

元気に笑顔で声を出すことで、形勢は逆転できます。

凹まされた後は、元気に声を出すことです。

笑顔でゆっくり自信を持って話すことで、自分のペースを取り戻しましょう。

うまくいかない時こそ、元気にやってみることです。

元気に声を出して、悪い空気を払拭するのです。

スポンサーリンク

■成長するために<2334>
うまくいかない時こそ、声を出そう。

スポンサーリンク