いくら仲がよくても相手と自分は違う。そもそも考え方は違うものと思っておけば尊重できる【小さな成長2773】

スポンサーリンク

人は人、自分は自分というのはあって、いくら仲がよくても相手と自分は違います。

育った環境も生きてきたところも今に至るまでの道のりも違うわけですから、逆に相手と同じような感覚であるほうが不思議なくらいです。

相手とは気が合っても、考え方はまったく違っていて当たり前なのです。

相手の考え方は尊重するけれども、相手の考え方に合わせることはありません。

気の合う仲間なら、変に相手に気を使い過ぎることはないのです。

気を使い過ぎると居心地がわるくなっていけません。

自分はこう思うというのをそのまま貫いていけばいいのです。

貫くと言っても、相手を言い負かすということではありません。

逆に自分が負けるくらいが丁度いいのです。

スポンサーリンク

相手を立てて自分を貫いていけばいいのです。

自分の考えを無理に押しつけることもありません。

相手が話始めたら聞き手に回る。

自分が話過ぎたと思ったら、今度は相手の話を聞くようにする。

相手に自分の話ばかりしていると、相手は疲れるのです。

相手の話を聞く時には、相手に気持ちよく話をさせてあげることです。

その考えは違うと相手を言い負かすことなどないのです。

考え方が同じ人間などいないのです。

考え方はいくら仲がよくても違うのです。

考え方はそもそも違うものと思っておけば、イライラする必要もなくなるのです。

そういう考え方もあるなと相手に合わしていくと、自分の考え方が柔軟になるし相手を尊重できるのです。

■成長するために<2773>
そういう考え方もあるなと、相手を立てよう。

スポンサーリンク