目標をつくって慣れてしまった毎日に新たな刺激を与える【小さな成長2774】

スポンサーリンク

目標があるとやる気がアップしてくれます。

毎日同じことの繰り返しではどうしてもあきてくるし、何も目指すものがないというのもつらいのです。

自分の好きなことで目指すものができると毎日が引き締まります。

今までも好きなことをいつまでにと思ってやってきて、でも続けているうちにどうしても何となくになってしまう。

それが、具体的な目標ができるとその目標をどうやってクリアしようかと考えて行動を起こすことができます。

新たな目標ができると、毎日の目覚めも変わってきます。

好きなことを始めた最初のころは新鮮だった日々も毎日を過ごすうちに普通になってしまいます。

毎日刺激があっては疲れてしまいますが、たまに刺激が加わると平凡になってしまった毎日が違ってきます。

本当にできるだろうかと臆病になることはありません。

失敗もあるしうまくいった部分もある。

全部失敗ということはないのです。

今までの中でうまくいった部分に目を向けることです。

うまくいかなかったことはあきらめて、別な発想で取り組むことです。

時間は無限にあるわけではないから何でもかんでもやっている場合でもありません。

的を絞るには今までやってきた経験が必要です。

何も知らないところからでは間に合いません。

今まで何度も挑戦してきて失敗しているから、省けることは省いて目標達成に向け最短距離で進めるのです。

■成長するために<2774>
目標達成に向け、最短距離で前進しよう。

スポンサーリンク