15分で好きなことができるよう休みの日に準備する【小さな成長2805】

スポンサーリンク

1日が終わるのはあっという間で、何かしているうちに1日は終わっていきます。

今日1日何もできなかったという時には寝て気持ちを切り替えましょう。

寝て朝早く起きて、1日をスタートする。

朝、早朝というのは、自分の時間を手に入れることができます。

日中というのは1人で集中できる時間がなかなかとれません。

朝、早く起きて1人の時間を手に入れるのです。

1人の時間を手に入れて3時間なり4時間なり1人で集中できる時間をつくりましょう。

毎日3時間4時間という時間を手に入れるのが難しい時には、空き時間で簡単にできるように休みの日に準備することです。

休みの日ができた時に、普段朝から夜まで働いていると休みの日ができた時は疲れていて何もする気が起きません。

スポンサーリンク

休みの日を増やして、体の疲れをとる日は疲れをとる日、自分の好きなことに集中する日は集中する日というふうに休みの日にすることを分けましょう。

体の疲れは寝ないととれません。

寝て体の疲れをとって、自分の好きなことに集中できる日をつくりましょう。

体の疲れをとって、好きなことに集中できる日をつくって、短時間でできる仕組みづくりをしましょう。

平日と休みの日ではできる好きなことが違います。

30分なり15分なりでできるように休みの日に準備するのです。

好きなことをやろうとする時に苦労するのは、なかなか15分くらいでできるような仕組みづくりまでができないのです。

15分くらいでできることは限られていて、でも15分くらいでできてくれないとたっぷり取り組める時間はないわけだから、15分くらいの好きなことの積み重ねで結果を出せるようにしていかないといけない。

休みの日もたくさんあるわけではありません。

休みの日にしかできないことを平日の日に考えておきましょう。

休みの日の1日は体の疲れをとって、もう1日は平日に好きなことを15分でできる仕組みづくりをする。

平日の15分で好きなことができる仕組みづくりをして15分の好きなことを積み重ね飛躍につなげるのです。

■成長するために<2805>
15分で好きなことができる仕組みづくりをしよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク