年寄りになった自分を想像してみる【小さな成長2936】

スポンサーリンク

年寄りでもできるシステムを、つくることだ。

優秀なシステムは、70代80代のじいさんばあさんが何も考えないで操作できる。

じいさんばあさんは、そもそも器械に触りたいと思わない。

興味がない。

スマホなんか触りたいと思わない。

そもそも携帯電話すら持っていない。

年寄りが動かなくなるのは、一緒に生活している人間が話を聞いてやらないからである。

ボケたなんていうことは、大きな間違い。

一緒に生活している人間が、ボケているんだ。

スポンサーリンク

年寄りは、ボケたフリをしているだけである。

年寄りを、年寄り扱いしてはいけない。

自分で、何でもするし何でもできる。

ただ、若い奴より時間がかかるだけの話である。

年寄りに、イライラしてはいけない。

そのうち自分も、あっという間に年寄りになる。

じじいばばあは、自分の40年後の姿だ。

年寄り扱いされたら自分も腹が立つように、年寄りも年寄り扱いされると腹が立つのである。

年寄りにイライラするのは、時間貧乏になっているということ。

何でいつもこうなんだと年寄りにイライラしだしたら、年寄りになった自分を考えてみる。

自分が年寄りになったとき、周りから年寄り扱いされて嬉しいか考えてみることだ。

■成長するために<2936>
年寄りになった自分を、考えよう。

スポンサーリンク