熱く語るより沈黙。熱くは語らず独りになって自分の好きなことに打ち込むことだ【小さな成長3094】

スポンサーリンク

熱く語らないことである。

熱く語ると引かれる。

熱く語ってしまいがちだ。

いいなと思っていたけれども、そんなに熱く語られては引く。

自分の好きなことを仕事にしたのに、思ったようにいかないという悩み。

多分頑張っているからだ。

好きなことを独りでやるならいくらでも頑張ればいいが、誰かと組んだりチームで仕事をやったりする時は頑張り過ぎてはいけない。

頑張ると空回りになる。

頑張らなくても、いくらでも仕事はできる。

スポンサーリンク

冷めたくらいの感じが丁度良い。

誰かに分かってほしい何ていうことは、思わないことだ。

励ましも快く受け取れなくなる。

好きなことでうまくいかない時は、そういう時期なのである。

毎回絶好調なはずがない。

友達と熱く語り合うのをやめることだ。

熱く語るというのは虚しい。

熱く語るより、独りになって好きなことに打ち込むことだ。

語らず独りになって好きなことを徹底的にやる。

沈黙し語らないというのは大事である。

ふわふわした気持ちにならずに済む。

語らずともいくらでも仕事はできるし、語らない人は仕事ができるのである。

■成長するために<3094>
語るより、沈黙しよう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク