持ち物は捨てる買い替える。いつまでも使わないことだ【小さな成長3100】

スポンサーリンク

そのうち使うと思っている物は使わない。

一定期間使っていない物は捨てる。

ゴミを増やさないようにしていく。

新しい環境で好きなことを始める。

好きなことを始める時に、物を増やさないようにしていく。

好きなことを始める時は、新しい物で気持ちよく始める。

引っ越しを何度かすると、引っ越しの時に邪魔になる物が分かってくる。

いつまでも同じ環境にいるわけでもないのだから、次の引っ越しに向けて、余計な物は持たないようにする。

引っ越しの度に持っていった物も、綺麗に捨てることができた後は、とても身軽である。

スポンサーリンク

次の引っ越しで邪魔になる物は買わない。

次の引っ越しで邪魔になる物は捨てる。

何も持ち物がなくなると、楽に捨てられるようになる。

最初から物を増やさない。

持ち物にこだわりがなくなると、余計な物は持たなくなる。

一度持った物も捨てられるようになる。

ボロボロになるまで使わないことだ。

ボロボロな物は持たない。

まだ使えるうちに買い替える。

まだ新しいうちに新しい物に買い替える。

これ高かったんだと、継ぎ接ぎだらけの物をいつまでも持っている人がいる。

当時は高価で新品でも今はボロボロ。

継ぎ接ぎは突然ではなく徐々に増えていくから、本人はボロボロになっていることに気づけない。

スポンサーリンク

思い出が詰まっていて捨てられない。

物持ちがいいですね大切にしていますねは、ただのお世辞。

ボロボロになる前に、買い替えていくことだ。

■成長するために<3100>
ボロボロな物をいつまでも使わないようにしよう。

スポンサーリンク