嫌なことを続ける時は嫌な人間にならないよう気をつける。いつの間にか自分自身が嫌な人間になっている【小さな成長3121】

スポンサーリンク

嫌だ嫌だという気持ちでいると、ますます嫌になる。

嫌なものは仕方がないが、嫌なことも続けなければいけない時がある。

嫌だということを考え過ぎるとノイローゼになる。

嫌なことを増やさないようにしたいがそういうわけにもいかない。

どうやって嫌なことともうまくやっていくか。

嫌なことを続ける時には、そのつもりでいる。

嫌なことがあると備えておく。

嫌なことの心の準備をしておく。

心の準備というのは大事である。

スポンサーリンク

心の準備が整っていると深く嫌なことに落とされなくて済む。

嫌なことは、一番最初がつらい。

最初、嫌なことで散々な目に遭う。

もう二度と嫌だと思うが、続けなければいけない。

寝ている間も途中で目が覚め、気持ちよく寝ることができない。

憂鬱である。

しかし、続けなければいけない。

二日目三日目と嫌なことを続けていくと慣れていく。

この慣れというのが恐い。

自分自身が嫌な人間になっていくのである。

嫌なことを続けなければいけない時は、嫌な人間にならないよう気をつけることだ。

嫌なことを我慢して続けていくと、いつの間にか自分が嫌な人間になっていくのである。

自分が嫌な人間になっていることにも気づけなくなる。

スポンサーリンク

嫌な人間にならないよう気をつけないといけない。

嫌な人間と一緒にいる時間が多い時は、自分が嫌な人間にならないよう気をつけないといけない。

■成長するために<3121>
嫌な人間になっていることに気づこう。

スポンサーリンク