暴言罵倒に腹を立てて切れてはいけない。礼儀正しく暴言罵倒の中では生きることだ【小さな成長3127】

スポンサーリンク

心の安定というのは大事である。

ゴミ扱いクズ扱いのろま扱いをされれば誰だって腹が立つ。

が、そういう環境で生活していかなければいけない時がある。

こういう生活しにくい環境に何ヶ月も何年もいなければいけない時は、切れないことが必要である。

切れないようにするには、腹を立てないこと。

腹を立てないようにするには、無能扱いに慣れること。

こういう人間扱いされない環境で生き抜くのに大切なのは礼儀正しさである。

どんなに暴言を吐かれても、礼儀正しくいる。

罵倒されても礼儀正しく受け流す。

スポンサーリンク

暴言罵倒を真剣に受け止めてはいけない。

暴言罵倒は、耳には聞こえる。

暴言罵倒は聞こえるが、聞き流す。

礼儀正しくあるために必要なのは心構え。

礼儀正しくあるためには、心の準備が欠かせない。

腹を立てるのが当たり前になってはいけない。

腹を立てるのが当たり前になると人間がおかしくなる。

逆に嫌な人間になる。

いつも腹を立ててばかりいると異常者になる。

突然切れるというのは気をつけないといけない。

人間扱いされない時こそ礼儀正しく生きることだ。

■成長するために<3127>
暴言罵倒は、礼儀正しく受け流そう。

スポンサーリンク