感情的になるのは未熟だから。暴言罵倒とまともに戦ってはいけない。かわす術受け流す術を覚えることだ【小さな成長3128】

スポンサーリンク

嫌な人とも同じ環境にいやければいけない時がある。

嫌な人というのは、どこにでもいる。

様々な人間がいる。

最近は、壊れた人間も多い。

頭がおかしくなっている。

暴言罵倒を浴びる人間というのは、すでに頭が壊れかけている。

暴言や罵倒は、自分で気づくしかない。

誰も、暴言罵倒を浴びせる人に真実は言わない。

暴言罵倒を浴びせる人が王となる場合がある。

スポンサーリンク

皆、奴隷になる。

暴言罵倒を浴びせる人とまともに戦おう何ていうことは考えてはいけない。

精神的に非常に良くない時間を過すことになる。

暴言罵倒を浴びせる人に従うということではない。

暴言罵倒を浴びせる人は、弱い者が好きだ。

弱い者を見つけて言葉の暴力を振るう。

そういう弱い者いじめの暴言罵倒を浴びせる人間には、失礼のないように毅然とした態度を取る。

変にペコペコしてはいけない。

理不尽な内容は、きっぱり意見する。

言いなりになってはいけない。

意見しながらも、相手の攻撃は適当にかわす。

暴言罵倒は、受け流す。

暴言罵倒と戦うには、人間的な成長が欠かせない。

スポンサーリンク

懐の深さが必要である。

感情的に意見するというのは一番やってはいけないことである。

感情的になりそうな時は、何も言わず退却する。

感情的になるということは、まだまだ未熟ということだ。

■成長するために<3128>
感情的になるなら、退却しよう。

スポンサーリンク