理解できなくても受け入れる。相手のことは理解できなくて当たり前。親兄弟でも理解するのは余容易ではない【小さな成長3184】

スポンサーリンク

腹を立てない。

腹を立ててもいいことはない。

虫の居所が悪い時には、特に腹を立ててはいけない。

腹の立つ相手とのコミュニケーションは、特に気をつける。

考え方価値観がまったく違う。

わざわざ、そんな難しい人とコミュニケーションを図ることはないのだが、仕事となるとそうもいかない。

こういうまったく価値観の違う人とのコミュニケーションは、無理はしない。

距離感というのはとても大事である。

少しでも理解を深めようなどというようなことは、考えることはない。

スポンサーリンク

理解は深まらない。

親兄弟であっても、理解するのは容易ではない。

仕事の知り合いなら、なおさら理解できるはずがない。

価値観が違うことを楽しむといい。

相手のことを理解するには、そういう人と今までに出会った経験が必要である。

経験したことのない人のことは理解できない。

突然電車の中で怒鳴り出す人も、世の中には普通にいる。

大都会では当たり前の光景で、誰も驚きはしない。

そういう人と出会った場合にどうすればいいかは、経験しないと分からない。

本やインターネットで読んだことや人から聞いた話と、実際は大きく違う。

理解できない人がいても無理に理解しようとしない。

そういう人もいるんだという自分の経験にする。

経験が増えて次からは余裕ができる。

スポンサーリンク

■小さな成長<3184>
理解できないまま受け入れよう。

スポンサーリンク