疲れている時に無理な挑戦はしない。疲れている時に無理矢理挑戦すると嫌になる【小さな成長3238】

スポンサーリンク

疲れている時は、無理な挑戦はしないことだ。

挑戦は、疲れていない時にする。

疲れているに無理矢理挑戦すると嫌になる。

挑戦する前は、疲れを取ることを第一に考える。

疲れが溜まったままでは、挑戦は続かない。

自分の好きなことがある。

1人でやりたいことが、自分の好きなこと。

好きなことの中にも、面倒くさいと思うことがある。

面倒くさいことも、何か楽しむ方法はないか探してみる。

スポンサーリンク

楽しむ方法は、実はいろいろあるのだろうが、なかなか楽しむ方法にたどり着かない。

面倒くさいと思ったことでも、やってみると意外と夢中になれることがある。

何でも面倒くさいで片付けないことだ。

面倒くさいことをやろうという時は、疲れていない時にする。

好きなことをするというのは、結構大変だ。

面倒くさいけれども、やってみたいということが好きなこと。

好きなことは、手間がかかる。

何か始める時は、疲れを取ってからにする。

疲れていると嫌になる。

心が追い込まれる疲れは、二度と経験したいとは思わない。

疲れてくると、敏感になる。

感じなくていいことを、疲れてくると感じる。

疲れてくると、思わなくていいことを思う。

スポンサーリンク

疲れている時に嫌な思いをすると、もう一度やってみようとは思わない。

疲れている時に感じることは「もうやめておこう」という感情。

続けるには、疲れる前にやめる。

挑戦する時は、少し物足りないくらいでやめておくことだ。

■小さな成長<3238>
疲れる前に、切り上げよう。

スポンサーリンク