本当にやりたいことは、子供の頃思いもしなかったこと。子供の頃やったことの理想が本当にやりたいことだ【小さな成長3247】

スポンサーリンク

今までやってきたことが、大した興味のないことと感じる時がくる。

今までの約25年。

馬鹿なことをしてきたなと感じる。

この約25年間やり残したというようなことはなく、良くやった。

自分が本当にやりたいことというのは、かなり過去にやっている。

自分がやり残したことというのは、相当過去にある。

子供の頃の思いというのは大きい。

子供の頃できなかったこと。

子供の頃諦めたこと。

スポンサーリンク

子供の頃諦めたことに再挑戦して気づくことがある。

当時は、何も分かっていなかった。

何て自分は馬鹿だったんだろう。

挑戦の仕方を何も分かっていなかった。

ただがむしゃらに。

ただ闇雲に。

一番大きいのは、本気ではなかったということ。

目指すべき目標が、実は定まっていなかったということ。

目指す目標は、より高くより具体的にすることだ。

目標が低いと、充実しているようで、毎日は充実していない。

嫌になるのは、目標が低いから。

高い目標があれば、嫌になるようなことをしている場合ではない。

こんなところにいては、人間が駄目になる。

スポンサーリンク

人は、低いところへ流される。

低いところへは行きやすいし、ある程度我慢すれば居心地も良い。

低いところに納まって、嫌なことを我慢する毎日となる。

ため息をつく毎日。

ため息は、目の前のことについているのではない。

満たされない何かにため息をついている。

満たされない何かとは、自分が昔諦めたこと。

当時は当時で、頑張っていた。

毎日が楽しかった。

毎日は楽しかったが、何も残っていない。

思い出何ていうものは、こんなもんなんだと感じる。

何か満たされないと感じる時は、子供の頃諦めたことに目を向けてみることだ。

子供の頃諦めた大きな夢。

夢に向かって動きだす。

子供の頃、すごいと素直に思ったこと。

子供の頃素直にすごいと思ったが、無理だと思ったこと。

子供の頃は、すごすぎて目標にしなかったこと。

子供の頃は、目標にしようなどと思わなかったこと。

本当にやりたいことというのは、子供の時に目標としなかったことだ。

■小さな成長<3247>
子供の頃、思いもしなかったことに目を向けよう。

スポンサーリンク