目標に迷うなら今を全力でやる。次の目標は全力でやることで見えてくる【小さな成長3251】

スポンサーリンク

目標ができて目標に向かってスタートする。

目標ができたら、目標を見失わないようにする。

目標というのは大事である。

目標があることで頑張れる。

目標ができてからの道のりは長い。

簡単には目標に到達しない。

どうやって目標を達成するか。

やりたいことの実現には時間がかかる。

いつかこうなる時がくるだろうと思うことがある。

スポンサーリンク

気持ちを新たに目標に向かって進もうと思う時がある。

目標に向かって前進する。

目標の達成は、簡単ではないからやりがいがある。

目標を高く設定し、日々少しずつ前進する。

目標が高いと、全然目標まで届かないと思う時がある。

前に進まないと思っても、とにかく始めることだ。

前に進まないと思っても、とにかく続けることだ。

目標は高く。

目標が低いと後悔する。

「あの時もっと頑張れば良かった」と25年経って後悔する。

始めることで、気持ちは切り替わる。

始めることで、前へ進める。

始めたら最後までやる。

スポンサーリンク

始めたら終わらせる。

まずは続けられるよう毎日のすることは最小限にする。

やろうやろうと思っていたことが先延ばしになる。

途中で集中力が切れる。

目標を達成するのに大切なのは、最初の目標を立てる部分。

無理な目標があるのではない。

最初に立てた目標が間違っていることがある。

目標というのはやっかいで、やってみないと間違っていたかは分からない。

目指すべき目標なのかどうか、最初は分からない。

20年の遠回りは辛いものだが、20年遠回りして確信することがある。

目指す目標ではなかったということ。

20年の遠回りをして、方向転換を考える時がくる。

30年前の志が低かったんだと気づく。

何十年も遠回りして、最初に戻ってくる。

長い間遠回りをしたおかげて、次の目標が見えてくる。

目指す目標が分かれば迷いはない。

あとは毎日少しずつ前進するだけだ。

■小さな成長<3251>

全力でやってより高い志を立てよう。

スポンサーリンク