性格の良いところを大事にし一段上へと高めていく【小さな成長3266】

スポンサーリンク

子供の時の性格をわざわざ変えることはないなと思う時がある。

元々の性格というのは自然な姿。

元々の性格は生まれ持ったもの。

途中で他の性格が良いように見え、自分の性格を変えようとする。

性格を変えようとしている時は、それが良いような気がする。

良いなと思った性格に近づいていくわけだから悪い気はしない。

一生懸命その性格に近づこうとし、毎日の生活も充実する。

新しい性格で新しい人生を歩み始める。

読んだこと見たこと出会った人に感化される。

スポンサーリンク

毎日は充実しているように思えるのだが、実はそうでもない。

そのうち生まれ持った性格へ戻っていく。

自分が生まれ育った最初の環境へ心は戻っていく。

大切なものは、心の中に仕まってある。

自分の性格を変えようということにひと段落したら、昔したかったことがしたくなる。

いろいろな人に会い、いろいろな環境を目にし元へ戻っていく。

元に戻ってくるが、1つ上に上がっている。

ぐるぐる毎日は回っていく。

違う性格へ変える努力をしたことで元の性格の幅が広がる。

前よりも性格はタフになり、良いことも悪いことも肥やしになる。

元々の性格を大事にする。

元々の性格を大事にしながら、新たな挑戦を始めていくことだ。

■小さな成長<3266>
性格を活かし、さらなる上を目指そう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク