やることがたくさんある時は周りを片付ける。イライラしないよう片付けてから始める【小さな成長3276】

スポンサーリンク

ゴチャゴチャにしないようにする。

イライラする空間にしない。

狭い空間にしない。

綺麗にするというのは大事だなと思う時がある。

忙しい時は、綺麗にする。

やることがたくさんある時は、集中力が上がる。

集中している時に片付ける。

たくさんやることがある時は、ゴチャゴチャしがちである。

流れが悪くなるとゴチャゴチャする。

やることがたまって、空間が狭くなる。

狭いところでゴチャゴチャしてくると、そのうちイライラし始める。

やることが、途中途中でうまくいかなくなる。

流れが悪いと感じたら、綺麗にすることだ。

やることをためていると狭くなる。

狭いとミスが増える。

ゴチャゴチャしていると探し物が増える。

探し物が増えると時間がかかる。

時間がなくなるとイライラが増える。

イライラするといいことはない。

やることがたくさんある時は、空間を広くしイライラしないようにする。

綺麗に周りを片付け快適にし、やることをスタートすることだ。

■小さな成長<3276>
片付けてから始めよう。

熱中してもほどほどでやめる。飽きるほどやると続かない【小さな成長3275】

飽きるほどやらないことだ。

好きなことでも、飽きるほどやると続かない。

好きなことでも、ほどほどでやめる。

夜中、海外ドラマをつい見てしまうのは、また明日があるから。

好きなことで疲れるのは良いなと思う時がある。

全身を使う。

体全体が疲れる。

朝起きると筋肉痛である。

筋肉痛は、自分の体を使っているなと思える。

子供の頃は、体育の授業があった。

大人になると運動する機会はほとんどない。

体を動かさなくなる。

年を取ると、次第に体の痛いところが増える。

困ったものだ。

意識して体を使う。

便利なのは良いのだが、便利な物ばかり使っていると汗をかかなくなる。

体を動かし、たまには心拍数を上げてみる。

心拍数を上げてみると、年を取ったことが分かる。

肺活量は、どれくらいまで落ちたのだろうと感じる。

運動を始めてテンションが上がっても、ほどほどにしておくことだ。

運動は、続かない。

一時は盛り上がるのだが、続かない。

熱中して運動は意欲が盛り上がるのだが、そのうちやらなくなる。

ほどほどでその時はやめて、また明日にすることだ。

また明日の楽しみにとっておくことだ。

■小さな成長<3275>
続きは次回にしよう。

嫌なことを忘れるには時間がかかる。好きなことができない時は嫌なことを忘れる期間にする【小さな成長3274】

好きなことは、少しの時間でも一生懸命できる。

自分の興味のあることは一生懸命できる。

自分の好きなことを一生懸命やると楽しい。

好きなことでも、他にやらなければいけないことが増えるとできなくなる。

好きなことなのだから、少しでもやればいいのだが、疲れてできなくなる。

好きなことをして疲れるのならいい。

好きでもないことをやらなければいけないと嫌な疲れ方になる。

嫌いな人との付き合いも嫌な疲れ方になる。

嫌なことを忘れるには時間がかかる。

嫌な思いをすると、頭の中で嫌なことを何度も考えてしまう。

嫌なことが頭から離れなくなり、毎日が憂鬱になる。

毎日が憂鬱になると、好きなこともやる気がなくなる。

好きなことができなくなった時は、嫌なことを忘れる期間にする。

好きなことができなくなったら、できるだけ嫌なことからは離れる努力をする。

嫌なことから離れ、嫌なことを忘れる努力をする。

好きなことは、心が穏やかになれば自然にできるようになる。

■小さな成長<3274>
心を穏やかにする期間にしよう。

尊敬できる人は近くにいる。凄い人は近くにいる【小さな成長3273】

体が疲れるというのは、悪いことではない。

全力で取り組むと体は疲れる。

疲れるが、回復する。

疲れたと言うのを我慢する。

凄い人の真似をして、全力でやるとヘトヘトになる。

ヘトヘトになるが、やり切ったあとは充実する。

あの人は凄いなと、尊敬できる人がいる。

人の何倍ものスピードで動いている。

最初から最後まで、全速力で動いている。

週1日2日ではなく週5日。

睡眠時間は3時間弱。

さらに凄いのは、決して威張らないところ。

誰とでも平等に接する。

文句を言ったり悪口を言ったりしているのを聞いたことがない。

とにかくどんな時も生き生きしている。

尊敬できる人は近くにいるものだ。

■小さな成長<3273>
身近な凄い人に気づこう。

追い込めばパワーは出る。追い込めばパワーは出るが他人に迷惑はかけないようにする【 小さな成長3272】

自分を追い込めばパワーは出る。

追い込まなくてもパワーの出せる人は立派だが、凡人はそうではない。

追い込んでいかないと、すぐ諦めてしまう。

頑張る必要はないのだが頑張ってみる。

頑張ってみることで、新たな可能性に気づく。

頑張ると、頑張らなければ良かったと思うことも多い。

それでも諦めずに頑張ってみる。

頑張ると嫌なことも増える。

頑張ると嫌なことも増えるから、そこはうまく息抜きが必要である。

上手に休んで、心のバランスを崩さないようにする。

頑張る時は、一人で頑張ることだ。

頑張りというのは、気をつけないと他人に迷惑をかける。

人がいる時は頑張らないくらいが丁度いい。

頑張りは人には見せないようにする。

心が疲れるのはいけない。

頑張っても心が疲れない時がある。

この壁を超えようと思って頑張っている時は、心は疲れない。

頑張りというのは、自分にノルマを課し人には迷惑はかけないようにして、記録を達成するのがいい。

記録を達成した後は、心も体も充実している。

嫌なことも忘れることができる。

全力でやるなら一人になることだ。

■小さな成長<3272>
見えないところで頑張ろう。