未来へ向う気持ちがプラスになる計画を立てる。無理な計画はやめ10年20年かける【小さな成長2954】

無理な計画を、立ててしまう。

追い込まれると、計画を急ぐ。

無理な計画を立てて、結局すべてがマイナスに大きく傾く。

マイナスの力は、計り知れない。

今までコツコツ積み上げてきたものが、一瞬でなくなるくらいの破壊力がマイナスにはある。

マイナスを感じ始めたら、計画をすべて見直すことだ。

計画を考えるときは、未来を向くこと。

後ろに向う計画は立てないこと。

過去を振り返ることは大事ではあるが、過去に戻ってはいけない。

過去に戻ってもいいことはない。

過去に向かうと、苦しみが増えるだけである。

未来を見る。

未来へ向う。

未来の未知の世界へ目を向ける。

未来へ向う計画を立てることだ。

未来へ向う行動を開始するときも、結果をすぐに求めるような計画だと疲れる。

結果をすぐに求めると、マイナスの力が大きくなる。

10年20年先を見る。

10年20年かける。

1回で、結果を出そうとしない。

10年20年かけるつもりで、何度も行動を起こす。

10年20年かけるつもりで、何回も試していく。

何度でも挑戦すればいいんだと、気楽に立てられら計画を考える。

気楽にできる計画を立てて、すぐに行動を開始する。

すぐにできる計画を立てて、フットワークを軽くしていく。

難しく考え始めるのは、大きくマイナスへ傾く危険信号。

簡単に考えてできること。

未来へ向う簡単なことをすぐに始めて、気持ちをプラスへもっていくことだ。

■成長するために<2954>
未来へ向けて、気持ちをプラスへもっていこう。

安いものを買うときは、結局金の無駄になっていないかよく考える【小さな成長2953】

安いものは、手軽だ。

欲しいものが、安く買える。

安いものを買ったときに気をつけたいのが、金を無駄にしていないかということ。

安いものを手に入れて、1、2回で壊れる。

1回目で壊れる。

結局、使えなかった。

結局、捨てた。

ということに、なっていないか。

自分の持ち物を見直してみると、安く手軽に手に入れたものは、結局手元には残っていない。

全部捨てている。

思い入れのないものは、手元には残らない。

■成長するために<2953>
いいものを、買おう。

疲れているときは考える前に寝る。疲れたまま行動に移すと信じられない選択をする【小さな成長2952】

考えれば考えるほど、うまくいかないときがある。

行動に移せば移すほど、やることがすべて裏目に出る。

そういうときは、静かにして体の疲れをとることである。

すべてが裏目に出るというときはつらい。

考えれば考えるほど深みにはまる。

ということは、考えなければいいのだけども考えないというわけにもいかない。

こういうときには、いろいろなことをするとさらに裏目に出る。

少しの間、期間をあけてみることだ。

考え過ぎもよくない。

考えるよりも寝る。

寝て、そのあとで、寝たあとで行動に移す。

寝ないで行動に移すと、信じられない選択を人間はする。

寝不足は、最大の敵である。

うまくいかないときは、考えるより寝ることを優先するのである。

■成長するために<2952>
寝てから、動こう。

成功も失敗も、人に話さず淡々と過ごす。成功の法則は行動に移すと見えてくる【小さな成長2951】

自分の中で、成功の法則というのが見えてくるときがある。

こういうときはうまくいく。

こういうときは失敗する。

成功の法則は、独自のものである。

最初は、見たり聞いたりしていいなと思う。

いいなと思ったことを行動に移す。

失敗する。

うまくいくときもある。

失敗したときは、心に深く残る。

成功は、忘れていく。

なぜ、失敗の方が心に深く残る気がするのか。

それは、失敗の方をいつも考えてしまうから。

やらなければ良かったと、いつまでも考える。

成功は、人に話さないことである。

うまくいったことは人に話したくなる。

人に話すと、モチベーションは下がる。

人に話さず、淡々と生活していくことだ。

■成長するために<2951>
成功も失敗も、話すのはやめよう。

寡黙になって、隣の成功しそうな人を手伝う【小さな成長2950】

隣の成功しそうな人を手伝いましょう。

寡黙になることです。

ペラペラ話す口の軽い人は、相手にされません。

無言で成功を手伝うのです。

■成長するために<2950>
口を閉じて、成功しそうな人を手伝おう。