人の心配はしない。いざというときは誰も助けてはくれない【小さな成長2996】

スポンサーリンク

人の心配はしないことだ。

人の心配をする人が結構いる。

人の心配をする前に、自分の心配をすることだ。

人のことが心配な人は、自分のことが心配なのである。

自分の中でうまくいかないことがある。

誰かに助けてほしいという甘えがある。

誰か助けてくれる人はいないか。

誰か頼りにできる人はいないか。

自分のことが心配な人は、他人の心配を始める。

人の心配をしてくる人とは、距離を置くことである。

人の心配をしてくる人は、大概金に困っている。

今の人生に困っている。

連帯保証人になってくれないかという話になる。

名義を貸してくれないかという話になる。

連帯保証人には、絶対になってはいけない。

素人は、名義貸しは絶対にしてはならない。

名義貸しは、被害者ではなく加害者になる恐れがある。

たとえ家族であっても、連帯保証人になってはいけない。

友達や家族に金を貸すのもいけない。

金の貸し借りは、友達を失うし家族を失う。

子の不始末なら仕方がない。

自分の不甲斐なさを恥じ、子の責を負えばいい。

子は、親の背を見て育つ。

子が恥ずかしいことをするということは、自分も恥ずかしいことをしているということ。

大人対大人なら、同情は絶対にしてはいけない。

不幸になるのは、自分の責任である。

中途半端な優しさは、互いを不幸にする。

中途半端に優しい人がいる。

困っている人に手を差し伸べるというのを、真に受けてはいけない。

相手は、困ってはいない。

相手は、今の状況を当たり前、普通と思っている。

足が多くの人とは違う方向に曲がっている人も、普通の人と普通に仕事をしている。

独り言をずっと言っている人も、普通の人と普通に仕事をしている。

本人にしてみると、足が世間と違っていても独り言をずっと言っていても普通なのだ。

一見違う人は、芸術や数学のセンスがずば抜けている場合がある。

実は、芸術の天才であったり数学の天才であったりするのだ。

困っているように一瞬思えたから、手を差し伸べるのは相手にしてみるといい迷惑なのである。

手を差し伸べられたら「ありがとう」と言っておかないと面倒くさいであろう。

何か物をもらったら、返礼をしなければいけないであろう。

安易に手を差し伸べるのは、相手に余計に気を使わせることになる。

小さな親切は大きなお世話なのである。

住む家がなくても、金は自分で稼ぐことができる。

人を頼りにしている人は、困ったら誰かが助けてくれると思っている。

心のどこかで、誰かが助けてくれると思っている。

実際は、誰も助けてはくれない。

■成長するために<2996>
いざというときは、1人であることを知ろう。

言葉の暴力。心を深く傷つける。争っても疲弊するだけ。自力で生きるチャンスだと考える【小さな成長2975】

強い物言いで相手を支配しようとする人が、たいがいの職場にいる。

相手をコントロールし支配しようとする。

自分の都合のいいように相手をコントロールしようとする。

世の中には文句の言えない人がたくさんいる。

文句を言いたくても言えない人がたくさんいる。

言葉の暴力は、深く人を傷つける。

殴るのは、見えるから分かりやすい。

心を言葉で傷つけるのは、目に見えない。

人をゴミのように扱う人間がいる。

言葉の暴力を振るう人は、自分より弱い人間を見つけて攻撃する。

何も言い返さない人間を見つけて言葉で攻撃する。

心を深く傷つけられ、うつや引きこもりになっていく。

心を深く傷つけられ、働くのが嫌になっていく。

言葉の暴力は、分かりにくい。

組織に頼らずに、自力で生きる世界。

争っても、さらに疲弊するだけ。

自力で生きる。

言葉の暴力を受けて深く傷ついたら、逆にチャンスだ。

自力で生きる気持ちが強まる。

静かに淡々と自力で生きる気持ちが強まる。

■成長するために<2975>
淡々と自力で、生きよう。

仕事ができないと言われても気にしない。お前は仕事のできないクズ人間と言われても気にしない【小さな成長2967】

仕事ができないと言われても、気にしないことだ。

要領のいい奴が、仕事ができると言われているだけの話である。

今日、一見仕事のできなさそうな人と出会った。

お前は、仕事ができないというレッテルを貼られる。

バリバリ仕事ができる雰囲気ではなく、真逆。

2、3時間一緒に仕事をしたあと、

「何か好きなことは、あるんですか?」

と聞いてみた。

作曲家を目指しているとのことだった。

話をしていて、楽しかった。

また、世界のどこかで会いましょうと約束した日であった。

■成長するために<2967>
仕事のできる使いやすい人間になっていることに気づこう。

ホームレスを馬鹿にしない。ホームレスになりたくてなる人はいない【小さな成長2963】

心が折れたときには毎日働く。

心が折れたときには毎日働くことだ。

金は大事である。

世の中、金で解決する。

金じゃないなんて言っているのは、偽善者である。

田舎には仕事はない。

都会、大都市へ出ることだ。

地方都市には、仕事はない。

日本では、やはり大都市東京もしくは神奈川。

大阪にも仕事はあるが、大阪に出稼ぎに行っては働くだけ損、時間の無駄である。

大阪は、賃金が安い。

出稼ぎ労働者は、時給制だ。

あとは、結果がすべての完全出来高制。

完全出来高制の場合は、8時間とか労働時間は関係なくなる。

何としても、時間までに完了しなければいけない。

1秒でも遅れれば、一銭も貰えない。

ごめんなさいでは許されない。

だから、イライラカリカリするのも当たり前の話。

8時間働くにしても、東京神奈川と大阪では格差がある。

困ったときに頼りになるのは人ではない金だ。

何をするにしても金がいる。

と思ったが、そうでもないか。

ホームレスをやれば、そんなに金はいらないか。

ただまあ、ホームレスというのは何かと不便だ。

いろいろと面倒くさい。

わけのわからないガキに、殴り殺されるリスクもある。

ホームレスになりたくてなる人はいない。

いろいろなことがあって、ホームレスを選ぶしかなくなる。

ホームレスもしくは死。

ホームレスになる人は、死は選んでいないのである。

もしくは、住むところはいらないという境地。

ホームレスを馬鹿にする人が多い。

ホームレスを馬鹿にしないことだ。

ホームレスになった人の精神的肉体的ストレスは想像を絶する。

ストレスあるよねと言ってヘラヘラ笑っている奴には到底分からない領域。

旅をしていて知り合ったおじさんがいた。

そのおじさんは、ホームレスともよく話をすると言う。

医者が、あそこでホームレスをしているとおじさんは言っていた。

凡人には見当もつかない精神的にも肉体的にも筆舌に尽くし難いことが、その医者にあったのだろう。

■成長するために<2963>
ホームレスを、馬鹿にするのはやめよう。

心が折れたら綺麗な場所で未来へ向けた決断をする【小さな成長2962】

心もそのうち壊れるものと考えると気持ちは楽になる。

心を折っちゃいけない、傷つきすぎてはいけないと思うと意外としんどい。

心は折れてもいいし傷ついてもいいと考える。

心が折れたり傷ついたりしたときに大事なのは、新たな行動を考えていくということ。

過去を見ても嫌になる。

未来を見る。

心が折れると、気持ちの整理がつくまで時間がかかる。

心が折れると、何をしても逆効果。

心が折れたときは、静かにあまり口は開かず気持ちを安定させる。

何日か寝て起きて日の出の太陽を見ていると、そのうち気持ちは穏やかになる。

新しいことをする決断は、心が折れた場所でしてはいけない。

心が折れた場所というのは、よくない場所。

そういうよくない場所で、未来に向けた決断をしてはいけない。

場所を変え環境を変える。

どの場所へいけば、いい決断ができるかは、30年40年と生きてくれば自然と分かってくる。

できるだけ綺麗な環境で考える。

ぼんやりと考える。

■成長するために<2962>
心が折れたら、綺麗な場所ですごそう。