嫌なことを忘れるには時間がかかる。好きなことができない時は嫌なことを忘れる期間にする【小さな成長3274】

スポンサーリンク

好きなことは、少しの時間でも一生懸命できる。

自分の興味のあることは一生懸命できる。

自分の好きなことを一生懸命やると楽しい。

好きなことでも、他にやらなければいけないことが増えるとできなくなる。

好きなことなのだから、少しでもやればいいのだが、疲れてできなくなる。

好きなことをして疲れるのならいい。

好きでもないことをやらなければいけないと嫌な疲れ方になる。

嫌いな人との付き合いも嫌な疲れ方になる。

嫌なことを忘れるには時間がかかる。

嫌な思いをすると、頭の中で嫌なことを何度も考えてしまう。

嫌なことが頭から離れなくなり、毎日が憂鬱になる。

毎日が憂鬱になると、好きなこともやる気がなくなる。

好きなことができなくなった時は、嫌なことを忘れる期間にする。

好きなことができなくなったら、できるだけ嫌なことからは離れる努力をする。

嫌なことから離れ、嫌なことを忘れる努力をする。

好きなことは、心が穏やかになれば自然にできるようになる。

■小さな成長<3274>
心を穏やかにする期間にしよう。

やる気がなくならないよう気をつける。やる気を出すには目の前にある物を片づける【小さな成長3261】

片づけの良いところは、やる気が出てくるというところ。

朝起きたらベッドを綺麗に整える。

朝起きたら布団を畳む。

片づけることで、やることに弾みがつく。

台所も後でまとめて食器を洗おうとすると食器が山積みになる。

その都度食器を洗って片づけると食器を溜めなくなる。

洗濯も同じ。

洗濯物が乾いたら、その都度畳んで片づける。

まとめてやるというのは、効率はいいのだろうが、やる気がなくなるとまったくやらなくなる。

効率は大事だろうが、やる気がなくならないようにしていくことも大事である。

■小さな成長<3261>
やる気も大事にしよう。

片づけをしてやる気を持続させる。やる気がなくなるとますます何もしなくなる【小さな成長3260】

早起きの良いところは、1日得した気分になるというところ。

毎日得した気分で生活していきたい。

早起きすると、前々からやろうと思っていたことを、思い切って始められるようになる。

始めてみるとやる気が出てきて、他のこともやろうという気になる。

片づけの良いところは、やる気が出るというところ。

やる気が出てくると、いろいろ他のこともやってみようという気になる。

やる気がなくなると、何もする気がなくなる。

やる気がなくなると、片付けをしなくなる。

やる気がなくなると、思っているだけで何もしなくなる。

無気力になると、何となく過ぎる毎日となる。

やる気が出た時に、やる気を持続させることだ。

■小さな成長<3260>
やる気がなくなる前に片づけよう。

コミュニケーションは急がない。コミュニケーションを急ぐとリバウンドしてやる気がなくなる【小さな成長3252】

コミュニケーションを急ぐと逆に関係がギクシャクする。

今まで話さなかったのに急に色々話し出す。

今までよく話していたのに急に話さなくなる。

今までしなかったことをやりだすと、リバウンドする。

コミュニケーションというのは難しいもので、話せばいいというものではないし話さなくてもいいというものでもない。

できるかどうか分からないことがある。

やろうと思えばできるのだろうけれども、大した自信もない。

そういう時は無理しないことだ。

無理すると嫌になる。

そんなに自分を追い込むことはない。

自分を追い込むと、ろくなことはない。

あまり自分を追い込まないことだ。

目標ができても無理はしない。

全力を24時間やっていては身が持たない。

心と体が疲れては何もできなくなる。

目標ができても無理しないことだ。

突然毎日の生活を変えると反動も大きい。

リバウンドは、慣れないことをすると起こる。

リバウンドして好まないことが習慣になる。

目標に向かってスタートしても、今まで通りでいる。

急にコミュニケーションを活発にしてはいけない。

急にコミュニケーションを活発にすると、リバウンドして一気にやる気はなくなる。

リバウンドしたことは習慣になりやる気のない毎日になる。

リバウンドしないようコミュニケーションは控えめにする。

目標ができても今まで通りでいる。

やりたいことは1人で静かにやることだ。

■小さな成長<3252>
目標ができても今まで通りでいよう。

目標を定めたらすぐに行動を開始する。躊躇していると反対されやる気を失う【小さな成長3245】

学生の頃諦めたことというのは、大人になってからとても良い目標になる。

子供の頃諦めたこと。

子供の知識と経験では限界だった。

大人になり、様々な経験をしている。

大人になり得た経験は、大いに役立つ。

目標が思うように達成できないのは目標が小さいからだ。

子供の頃、学生の頃思った目標というのは大きい。

大人たちに話すと、皆口を揃えて「やめておきなさい」と言う。

大人たちは、さも分かったかのように「そんなの無理に決まっている」と言う。

子供の頃の大人は、親や学校の先生、近所のおじさんおばさん。

子供が、大人たちの想像できないことを言えば、言われた大人たちは理解できるはずもないから、とりあえず「やめておきなさい」と無難なことを言う。

大人のせいにしても仕方がない。

それが大人というもの。

今度は自分が大人になったのだから、気兼ねなく子供の頃の夢を叶えればいい。

自分の好きなこと、やってみたいことというのは往々にして反対されやすい。

反対されるような人には話さなければいい。

下手に話して反対され、やる気を失ってはいけない。

人に話すより、さっさと始めてしまうことだ。

■小さな成長<3245>
目標を定めたら、やる気を失う前に始めよう。