アイデアは捨てる。アイデアは無限に湧き出てくる本当に好きなら【小さな成長2887】

朝起きてすぐに自分の本当に好きなことを開始することだ。

コーヒー1杯を入れている時間も惜しいと思うことが本当に好きなこと。

好きなことを仕事にというのは大変な気がするようだがそうでもない。

好きなことは自分の仕事にできる。

覚悟も必要はなくて、私は覚悟なんてものは思っていない。

好きなことをするのに、覚悟とか死に物狂いとかそんなものはいらない。

そんな大変なことを考えなければできないようなことは、そもそも好きなことではない。

好きなことは、目が覚めたらすぐにやりたい。

いつ寝たか覚えていなくて、夢中で好きなことを昨日の夜もしていてそのうち寝ている。

肩に力が入っていると、好きなことに勢いがなくなる。

好きなことは考えなくてもできる。

考えている時間がもったいない。

アイデアが、考えないと出てこないようでは、好きなことではないんだ。

好きなことは、アイデアが次から次へと湧き出てきて早くやらないともったいない。

ただし、もったいないからといって、取っておく必要はない。

アイデアは、無限に出てくる。

いくらでも捨てることができる。

そういうことが、自分の本当に好きなことなんだ。

■成長するために<2887>
自分の好きなことは、いくらでもアイデアを捨てよう。

手作業人力になっている毎日を自動化できないか自分で考える【小さな成長2870】

手動でやっていることを自動にできないかということは、いつも考えていきましょう。

システムの自動化というのは、自分の好きなことに専念するために大事です。

システムをつくる時には、あまり他人任せにするのはブラックボックス化するので、できるだけ自分で考えることです。

海外の映画やドラマを見ていて面白いのは、ギャングが何かを盗んでいったけれども、どれを盗んだか分からない。

天才的なギャングで、ほとんどのやつが見破れない。

そういう時にボスが、全部分解してみろという。

分解が終わったら、今度は全部元どおりにしろと命令する。

大変なことだから部下は悲鳴をあげるがボスは容赦しない。

何もなくなっているものはないという部下に、ボスはあってもなくてもいいチップがなくなっていることを見つけ出す。

細かなことは分からなくてもいいから全体の構造はよく分かっていると、悪いことが起きていないか見破るのに役立つ。

なので、システムを考える時も自分でこれはどうなっているんだろうと考えてみることです。

昔、ラジオを子供の時に私はつくらなかったが、ラジオをつくれる人はすごいなと尊敬したものである。

自分でつくるというのは、毎日が生き生きしてくる。

これは、どうなんだと考えていると毎日が飽きない。

今、手作業の人力になっていることを自動にできないか考えてみることだ。

自分で自動化を考えつくることができれば、やりたいことが飛躍的に前進するのである。

■成長するために<2870>
自分で自動化のシステムをつくろう。

半年間好きなことを徹底的にやって来年を新たな年にする【小さな成長2812】

早起きを開始して好きなことを前進させましょう。

この半年で何としても飛躍する。

新たな挑戦を開始しましょう。

好きなことも時間とともに変化していきます。

早起きすると、朝眠たくなります。

まだ、辺りが暗いうちに起きて辺りが寝静まっている時から行動を開始しましょう。

寝ているのがもったいないというのを、淡々とやっていくのです。

若い時は、勢いで起きていました。

この半年は、淡々と起きるのです。

淡々と半年間早く起きて好きなことをやりましょう。

仕事にいく前が勝負です。

仕事にいく前に、自分の好きなことを大きく前進させましょう。

朝、眠くなったら部屋を出て仕事に向かいましょう。

仕事にいく途中にある喫茶店で、自分の好きなことの続きをスタートしましょう。

早起きすると、新しいアイデアが浮かんできます。

やりたいことが頭に浮かんできます。

自分が頭の中で描いたことをどれだけ実現できるかです。

今日も好きなことを前進させて、自分の時間を増やしましょう。

自分の時間を増やすには、自分の好きなことに打ち込む時間を増やすことです。

自分の好きなことを徹底的にこの半年の間やって、何としても来年を違う年にする。

来年を新たな年にする。

新たな世界へ向けて、この半年間徹底的に好きなことをするのです。

■成長するために<2812>
朝好きなことを徹底的にやって、来年新しい世界へいこう。

好きなことを続けているうちに思い出す子供のころ夢中でやっていた好きなことを始める【小さな成長2808】

うまくいかなくていったんやめて、他のことをしている時に思いついたことを試してみるとうまくいくことがあります。

悩んで試して何度もうまくいかなくてもう諦めかけていたことが、気分転換の後に試してみたことでうまくいくとついにできたと感動できます。

そこからさらにこういうことはできないかと試していくというのが、好きなことをやっている時には新しいアイデアが浮かんでくるので楽しくなります。

試してみて簡単にうまくいくのは、熱中せずに終わってしまいます。

難しくてなかなかうまくいかないというのは、試してみたいことがたくさん出てきて飽きないのです。

時間がたっぷりあるわけではないけれども、どうしても試してみたいということが自分の好きなことです。

今までも自分の好きなことをしてきたけれども、好きなことをやっていると忘れていた昔の自分の好きなことを思い出します。

そういえばこういうことは子供の頃大好きだったということは、大人になると好きなことの中に入っていなかったり最初から好きなことを選ぶ対象にも入っていなかったりするのです。

そんなことは大人になったらやらないでしょということが自分の好きなことなのです。

子供のころ夢中でやったことを、大人になったら忘れてしまっていることを真剣にやってみましょう。

今までも好きなことをやっていたけれども、それは遠慮があるのです。

自分の心の中のどこかで、それは大人になってやることじゃないでしょと自分で自分に言い聞かせていることがあるのです。

好きなことは、自分で自分の心にブレーキをかけていることです。

誰に気を使うというわけでもないのです。

自分で遠慮してやっていないこと無理だと思い込んでいたことを試していきましょう。

好きなことは子供のころ夢中でやっていた今はすっかり忘れてしまっていることの中にあるのです。

■成長するために<2808>
忘れていた好きなことを始めよう。

時間を区切って1つのことを終わらせていく【小さな成長2779】

好きなことを30分くらいでできないか考えてみましょう。

今1番に考えていることを30分くらいでできないかと考えてみるのです。

何か方法はないかなと思ったら、実際に時間を計りながら30分の感覚をつかんでいきましょう。

やってみないことには、次の方法が見つかりません。

やってみると別な方法を思いつきます。

頭に浮かんだことを実際に試していきましょう。

いつも隙間時間にやっていることがあります。

いつも隙間時間にやっていることが、実際に何分くらいかかっているか時間を計ってみましょう。

まとまった時間ができた時にやっていることも、時間を計ってみましょう。

まとまった時間ができた時にやっていることは、普段は30分ではやっていないことです。

まとまった時間ができた時にやっていることは、隙間時間にはできないと思っていて隙間時間にはやっていません。

隙間時間ではできないと思ってしまっていて、まとまった時間ができるのを待っています。

まとまった時間ができるのを待って、まとまった時間ができた時に全部やろうとして時間がかかってしまう。

まとまった時間に全部をやろうとしないことです。

隙間時間に準備しましょう。

移動時間や待ち時間に準備しましょう。

机に向かう時間は好きなことに没頭するのだけれども、30分くらいで1つを完成できるよう隙間時間に準備して、30分で好きなことを終わらせていくのです。

30分を意識すると1つのことに集中できます。

好きなことを始めると、いろいろなことを思いついて今やっていることが途中になりがちです。

今やっていることを終わらせて、別な好きなことをやりましょう。

今やっていることを30分以内で終わらせると意識して、実際に30分で終わらせることを目指して好きなことをやっていきましょう。

目の前のことを30分で終わらせて、次の別なことをそのこと1つに集中して30分で終わらせていく。

30分を意識して目の前の1つのことに集中していきましょう。

移動時間も30分くらいあったら、その30分で1つのことを終わらせていきましょう。

30分30分と時間を区切って好きなことを前進させていくのです。

■成長するために<2779>
時間を区切って、1つの好きなことに集中しよう。