命令口調の人とまともに喧嘩してはいけない。頭を下げて適当にあしらっておけばいいんだ【小さな成長3124】

頭を下げるというのは大事な時がある。

上から目線の人がいる。

いつも命令口調の人がいる。

初対面なのに命令口調で言ってくる人にまともに腹を立ててはいけない。

命令口調が癖になっているのである。

癖は、自分では分からない。

命令口調の人は、人に指摘されても反省しない。

生意気だ。威張っていると言い返してくる。

威張っているのは自分自身ということに気づいていない。

命令口調で話す人とは、喧嘩するだけ時間の無駄である。

喧嘩は、精神的にも疲れる。

精神的に疲れて時間と金を無駄にする。

相手にしないことである。

自分の時間を大事にするには、命令口調の人に振り回されないことである。

振り回されないようにするには、腹を立てないこと。

返事だけして頭を下げておけばいい。

命令口調の人は、頭を下げて適当にあしらっておけばいいんだ。

■成長するために<3124>
頭を下げて忘れよう。

感覚を鈍感にする。感覚が敏感だと喧嘩になる【小さな成長3073】

喧嘩を避ける。

喧嘩にならないように気をつける。

感覚が敏感だと言わなくていいことを言う。

一言多くなるのは、敏感だから。

毎日ご機嫌ならいいが、気分の良くない腹の虫の居所の悪い日というのがある。

そういう今日は喧嘩しそうだと思う日は、衝突をさける。

人と関わらないのが一番である。

人と関わらないで一日過ごせればいいが、そういうわけにもいかない。

ムカつく時というのはどうしてもある。

今日は、腹の立つことが多い日と感じた時は、口数を減らす。

無理に人と関わらない。

夜がくるまで人と関わらないで過す。

不機嫌というのは疲れる。

できるだけ不機嫌にならないようにしていく。

喧嘩を売られないようにする。

人混みにいくのはやめる。

混んだところというのは、喧嘩になる。

混んだところは、イライラした人の固まりである。

そんなイライラしたところにわざわざいかない。

睡眠不足は、喧嘩の元。

イライラしたところには行かないのが一番であるが、どうしてもいかなければいけない時がある。

どうしてもイライラした場所に行かなければいけない時は、事前にたくさん寝ておく。

寝ておくと鈍感になれる。

敏感は事故の元。

たくさん寝て鈍感になっておくことだ。

■成長するために<3073>
感覚を鈍感にしよう。

疲れたときは、ゆっくり休む【小さな成長2948】

疲れたときは、ゆっくり休みましょう。

旅にでるのもいいし、近くの温泉にいくのもいい。

銭湯や健康ランドもいい。

湯船につかると、不思議と疲れがとれる。

よし、また、明日から頑張るぞなんていう気合いは入れないこと。

気合いを入れると疲れるのです。

適当でいいのです。

■成長するために<2948>
疲れをとったあとは、のんびりしよう。

家族のプライバシーを侵害してはいけない【小さな成長2947】

嫌なことを忘れるには、離れることである。

離れれば、時間と共に忘れていく。

離れることができない場合は、話をしないこと。

家族であっても、コミュニケーションは不要である。

コミュニケーションを取れば取るほど、関係は悪化する。

考え方は、一生変わらない。

生まれて40年50年生きている。

70年80年生きている。

それだけ生きている人間の考え方は変わらない。

10年15年生きれば、すでに考え方ができあがっている。

10年15年生きた人間の考え方も変わらない。

小学生低学年でも、考え方は変わらないであろう。

物心がついたら、もうその人間の考え方は変わらない。

それぐらいシビアに考えることだ。

考え方を変えるなんていうことは、手遅れなのである。

時間の無駄である。

同じように、自分の考え方もすでに物心がついているなら変わらない。

自分の考え方を変えようなどという時間の無駄なことはやめることだ。

自分の考えに従って素直に生きればいい。

20歳を過ぎれば、日本では大人。

自分の責任で、自分の好きに生きればいい。

自分の好きに生きるのが、1番ストレスが少ない。

お前はいつまでも何をやっているんだなんてことを言ってくる大変立派な人間がいるが、そんな奴は丁寧に頭を下げてあしらっておけばいい。

絶対にやってはいけないのは、自分の考えを理解してもらおうとすること。

自分の考えを話せば話すほど、針はマイナスに振れる。

そのうち喧嘩になる。

喧嘩ほど、時間の無駄なことはない。

イライラすることほど、時間の無駄なことはない。

話せば話すほど、精神的に非常に疲れることになる。

イライラを我慢するのではなく、イライラしない環境を手に入れること。

隣の人と、自分は違う。

家族であっても、考え方は1人1人違う。

家族だから何か言ってあげたほうがいいなんていうのは、自惚れである。

家族である相手を馬鹿にしているのである。

家族である相手を見下しているのである。

隣の人が嫌だなと感じたら、その感覚は当たっている。

そのときに、嫌な感じの人を変えようなどということを思っては絶対にいけない。

思ったことは、追い込まれたときに口から出る。

口を絶対に開いてはいけない。

笑顔をつくる必要はない。

無言で無視すればいい。

家族であっても同じである。

面倒くさい家族は、無視することだ。

関わりをできるだけ持たないことだ。

家族であっても、やっていいことと悪いことがある。

家族だから、プライバシーはどうでもいいと考えてはいけない。

家族だからこそ、家族のプライバシーは守ることだ。

家族のプライバシーを、侵害してはいけないのである。

■成長するために<2947>
家族のプライバシーからは、遠ざかろう。

家族を100%信じていれば、心配などいらない【小さな成長2946】

余計な世話を焼く人間が、世の中にはたくさんいる。

お前らは、そんなに偉いのかとつくづく思う。

人に何かものを言えるほど、立派な人間なのか。

人のことを心配したなんていう奴は、何か心配事を抱えているのである。

生きている次元が違う。

人は、自分の生活がうまくいかなくなると人の心配をしだす。

人の心配をしだす人間とは、縁を切ることだ。

家族であっても、同じである。

家族だからといって、心配なんていう余計なことはしてはいけない。

心配したんだからと、偉そうなことをいう。

そんなに、家族のことを信じられないのか。

信じていれば、心配などいらない。

信じていないから、心配するんだ。

■成長するために<2946>
家族を、100%信じよう。