イライラしているお客様で、タフになる。【小さな成長1140】

スポンサーリンク

お客様にイライラしても、いいことはありません。

お客様にイライラをぶつけられても、気にしないことです。

お客様にイライラをぶつけられた時に、ムッとしないことです。

ムッとしてしまうと、あと味が悪くなります。

お客様にイライラをぶつけられたら、受け止めましょう。

文句をいわれても、文句をいい返さないことです。

独り言もいわないことです。

イライラをぶつけてくるお客様で、タフさを磨くことができます。

イライラをぶつけてくるお客様に、一生懸命になり過ぎないことです。

双方熱くなっては、うまくいきません。

お客様がイライラしている時には、頑張り過ぎないことです。

周りの人と協力して解決することです。

自分一人で何とかしようとすると、ヒートアップしてしまって、うまくいかないのです。

■成長するために<1140>
早めに退却しよう。

イライラしないためには、丁寧な言葉づかいに徹する。【小さな成長1134】

イライラしそうな時があります。

イライラしそうになったら、自分にいい聞かせます。

「イライラしない」「イライラしない」と自分の中で呪文を唱えましょう。

ビジョンは、すでに遠くにあります。

目の前の小さなことに、イライラしているようではいけません。

相手にしないことです。

相手と同じ口調で話していては、イライラから抜け出せません。

冷たくなく感じ悪くなく、丁寧に話すことです。

相手が感じが悪ければ、こちらは、感じ良く話すことです。

相手に影響されないようにするには、丁寧なスタンスを貫くのです。

イライラしなくなると、余裕が生まれます。

「何で今までこんなちっぽけなことにイライラしていたんだろう」と、不思議に思えるようになります。

今までイライラしていたことが、気にならなくなると、現状を卒業できるのです。

■成長するために<1134>
感じ悪くても、感じ良くしよう。

イライラするのは、勉強不足が原因だ。【小さな成長461】

自分の思いどおりにいかなくて、イライラするときがあります。

「これじゃダメなんですか」と聞かれて「ダメです」と、即答できないときがあります。

「ダメなのかどうなのか」と聞かれて、もしかするとダメじゃないかもしれない。

でも、調べないと分からない。

「すぐには分からないです」と答えて、「じゃあできる方法でやっておきます」といってくれる人は、ラクです。

「分かりません」と答えて「あなたはプロでしょ。できるのかできないのかなんで即答できないの」という態度のときに、イライラするのです。

でも、一筋縄ではいかない人のおっしゃるとおりです。

もっと日ごろから勉強しておけば、即答できたわけです。

答えに詰まったときは、自分の勉強不足を反省しましょう。

「できるのできないの、どっち、早くてよ、こっちは忙しいんだから」というお客様がいらっしゃったら、成長できるチャンスです。

「クソ、つぎはちゃんと即答してやる」と、マニュアルを小さい文字まで何度も読み返す。

思いどおりにいかない目の前のお客様は、自分を大きく成長させてくれるのです。

■成長するために<461>
カチンときたら、もっと勉強しよう。

一言多いことに、ムッとしない。【小さな成長5】

質問をしにいったときに、一言多い上司がどこの会社にもいます。

そこで、ムッとしますが、ムッとしないことです。

ムッとしたまま仕事をつづけると、なんだか自分が損した気分になります。

ムッとしたままお客様からの電話をとって、お客様にムッとした気持ちが伝わってしまって、なんだか残念な気持ちになります。

上司も上司なりに苦労しているのです。

上司は、上司でクライアントからキツイノルマを求められて、それをどうクリア―していくかで頭がいっぱいなのです。

上司にムッとさせられないためにも、もっとたくさん仕事をこなして、上司に相談される存在になればいいのです。

ただし、あんまり無理をすると体を壊してしまうので、たまには適当にサボりましょう。

■成長するために<5>
ムッとしても、適当に聞き流そう。