イライラする状況は事前に避ける。イライラは他人には分からない【小さな成長3257】

スポンサーリンク

イライラ自分がする瞬間というのは、自分で分かっている。

この人と一緒にいると、こういう時にイライラすると分かっている。

イライラする状況にこれからなりそうと分かっているのに、わざわざイライラしそうなところにいることはない。

イライラする状況は、事前に避けることだ。

相手は、こちらがなぜイライラしているのかは分からない。

どういう時にイライラするのかというのは、自分にしか分からない。

血の繋がった家族であっても、どういう時にイライラしているのかは、本当のところは分からない。

「遠慮しないで言ってよ」と言われても、言えるものではない。

心は繊細。

繊細な心の状況を言葉で説明するというのはとても難しい。

言葉で表現しても、家族には伝わらない。

言葉で説明するよりも、イライラする状況は避けるようにする。

言葉というのは、上手に使わないと逆効果になる。

避けるのがあからさまなら、何もしないということもできる。

何もしないというのが、今は最善という時がある。

時は、また巡ってくる。

今できないことを、無理に今しようとすることはない。

■小さな成長<3257>
今できないなら、また今度にしよう。

話したいと思った時は相手の話を聞く。話したいと思ってもわざわざ話すことはない【小さな成長3256】

人の話を聞くというのは難しい。

特に自分が話したいことを話せないというのはつらい。

人の話を聞くというのは大変だが、聞いておく。

一生懸命聞くというのは疲れるから、楽にして聞く。

自分が話したいと思ったことは、実は大した話さなくてもいいようなこと。

自分が話したいと思ったことは、相手にとってみると聞いても聞かなくてもいいようなこと。

話したいと思うのはその時だけで、相手が話し出せば、もう話したいと思わない。

本当に話さなせればいけないことはすでに話している。

話したいと思ったことは、実は話すこともないようなこと。

わざわざ話すことはない。

話したいと思った時は、静かに相手の話を聞くことだ。

■小さな成長<3256>
話したいと思ったら相手の話を聞こう。

良好な人間関係を築くのは得意な人に任せる。不得手なのに無理をするとますます苦手になる【小さな成長3255】

不得意なことは人に任せることだ。

わざわざ苦手なことを頑張ることはない。

得手不得手は、仕事や勉強だけではない。

人間関係にも、得手不得手がある。

わざわざ苦手な人とコミュニケーションを図ろうとすることはない。

わざわざ苦手な人と仲良くなろうとすることはない。

良好な人間関係を築くのは、得意な人に任せる。

苦手な人と無理に話をしても、もっと苦手になるだけだ。

簡単に人間関係が修復されることはない。

簡単に修復される人間関係は嘘である。

人間関係が良くなることに、期待してはいけない。

期待すればするほど、人間関係は悪くなる。

人間関係が良くなることに期待するのはやめることだ。

■小さな成長<3255>
期待せず地道にやろう。

コミュニケーションを図る時は物足りないくらいでやめ、また今度にする【小さな成長3254】

コミュニケーションを図ろうとしても、うまくいかない時がある。

コミュニケーションを図るというのは意外と難しい。

こちら側とは限らず、相手側の精神状態というのがある。

関係を育もうとして、逆に関係が険悪化する。

意思の疎通を図ろうとして、逆に溝が深まる。

コミュニケーションを図ろうと思っても、急がないことだ。

時間をかけて相手と接する。

コミュニケーションを図る時は、物足りないくらいが丁度いい。

もう少しというところでやめ、また今度にする。

下手に会話をたくさんして後悔する。

コミュニケーションを図ると、調子に乗る人がいる。

調子に乗られて、こちらが嫌な思いをする羽目になる。

もう少しと思っても、また来年にする。

もう少しと思っても、また今度にする。

便利な「また今度」を、こういう時に使うことだ。

■小さな成長<3254>
話は、また今度にして帰ろう。

コミュニケーションは急がない。コミュニケーションを急ぐとリバウンドしてやる気がなくなる【小さな成長3252】

コミュニケーションを急ぐと逆に関係がギクシャクする。

今まで話さなかったのに急に色々話し出す。

今までよく話していたのに急に話さなくなる。

今までしなかったことをやりだすと、リバウンドする。

コミュニケーションというのは難しいもので、話せばいいというものではないし話さなくてもいいというものでもない。

できるかどうか分からないことがある。

やろうと思えばできるのだろうけれども、大した自信もない。

そういう時は無理しないことだ。

無理すると嫌になる。

そんなに自分を追い込むことはない。

自分を追い込むと、ろくなことはない。

あまり自分を追い込まないことだ。

目標ができても無理はしない。

全力を24時間やっていては身が持たない。

心と体が疲れては何もできなくなる。

目標ができても無理しないことだ。

突然毎日の生活を変えると反動も大きい。

リバウンドは、慣れないことをすると起こる。

リバウンドして好まないことが習慣になる。

目標に向かってスタートしても、今まで通りでいる。

急にコミュニケーションを活発にしてはいけない。

急にコミュニケーションを活発にすると、リバウンドして一気にやる気はなくなる。

リバウンドしたことは習慣になりやる気のない毎日になる。

リバウンドしないようコミュニケーションは控えめにする。

目標ができても今まで通りでいる。

やりたいことは1人で静かにやることだ。

■小さな成長<3252>
目標ができても今まで通りでいよう。