相手に気を使い過ぎない。相手に気を使い過ぎると嫌になって長続きしない【小さな成長3236】

スポンサーリンク

相手に気を使い過ぎないことだ。

相手に気を使うというのは、とても疲れる。

疲れる割にあまりいいこともない。

気を使い過ぎると、知らず知らずのうちに相手に求めてしまっていけない。

誰しも良く見られたいと思う。

良く見られたいと思って空回りする。

無理は、空回りになる。

自分の気持ちに無理しないことだ。

自分の気持ちを大事にする。

自分の気持ちを押し殺してまで、相手のために何ていうことをやっていては関係が長続きしない。

自分の好きなことを大事にすることだ。

自分の好きなことを我慢しても、あとで反動がくるだけだ。

■小さな成長<3236>
相手のためというのは、ほどほどにしておこう。

病的になると口調が強くなる。強い口調にならないよう気をつける【小さな成長3169】

病的にならないようにする。

暴言罵倒が当たり前の組織でも、そのつもりで心が準備していればある程度は耐えられる。

しかし、平気で罵倒する人に慣れてはいけない。

罵倒したり暴言を吐いたりするのが当たり前の組織にずっといると感覚が麻痺する。

罵倒されたり暴言を吐かれたりする自分がいけないと思い込む。

罵倒したり暴言を吐いたりする人は、もうかなり病的になっている。

精神的に頭のおかしくなりつつある人というのはたくさんいる。

普通に会社で働いている。

攻撃的な口調の人は、すでにかなり病的である。

自制は大事である。

真面目というのは気をつけないといけない。

真面目も行き過ぎると病的になる。

■小さな成長<3169>
強い口調にならないようにしよう。

ストレスを愛で包む。頭を下げ相手を愛で包む【小さな成長3161】

心が感じたことを全部口に出していては、うまく生きていけなくなる。

かといって、自分の内に溜め込むと精神がおかしくなる。

ストレスであるが、我慢する発想ではいつまで経ってもストレスから開放されない。

ストレス発散には限界がある。

せっかく旅に出て、ストレスを解消しても、普段の生活に戻れば一時間もしないうちにストレス地獄に戻る。

非日常に身を置いても、日常に戻ってくるとあっという間にストレス地獄に戻る。

ストレス発散という発想を考えない。

愛のある生活。

奴隷のような生活。

対人関係でストレスというのがたまる。

ストレスを受け流すのではなく。

ストレスを受け止めるのではなく。

経験が増えると、心はストレスをぶつけてくる人を上手に愛で包んでくれる。

ストレスとは敵対心。

敵視するとストレスは大きくなる。

人に頭を下げるというのは、ストレスを愛で包むということ。

今までは、ストレスをかわすために頭を下げてきた。

同じ頭を下げるでも、今度はストレスを愛で包む。

ストレスを愛で包めるようになると人間のレベルは格段に上がる。

どれだけ馬鹿にされようが、まったく気にならなくなる。

どれだけ侮辱されようが、まったく腹が立たなくなる。

ストレスがまったくたまらなくなる。

愛とは、相手が望むことを暖かく見守ること。

愛とは、相手がなりたい自分になれるよう応援すること。

まったく今までストレスと戦ったことがないという人はいないだろう。

激しいストレス地獄を乗り越えると、相手を愛で包めるようになれる。

■小さな成長<3161>
ストレスを愛で包もう。

心に大きな傷を負わないよう予防を自分でする。感情的になりやすい日は周期的にやってくる【小さな成長3129】

精神的な疲れを取るには静かにしている日をつくる。

誰とも関わらない日をつくる。

独りでいる日をつくる。

穏やかではない日というのがある。

今日は穏やかではないなと感じる時がある。

人の感情には、周期がある。

感情には、浮き沈みがある。

今日は、感情的になりやすい日というのがある。

感情的になりやすい日をみつけることだ。

自分の過去を見てみる。

感情的になって失敗した日というのがある。

感情的になりやすい日というのは周期的にやってくる。

自分の感情的になりやすい周期をみつけることだ。

感情的になりやすい日は無理はしない。

わざわざ失敗することはない。

失敗しないようにしていても失敗はする。

感情的になれば、失敗は大きくなる。

小さな心の傷は比較的癒えやすい。

感情的になって大きな心の傷になると、癒えるのに時間がかかる。

大きな心の傷は、癒えずに心を歪めてしまうこともある。

感情的になる自分の周期をみつけて、心に大きな傷を負うのを未然に防ぐ。

心に大きな傷を負わないよう自分で予防していくことだ。

■成長するために<3129>
感情的になりやすい周期をみつけよう。

嫌なことを続ける時は嫌な人間にならないよう気をつける。いつの間にか自分自身が嫌な人間になっている【小さな成長3121】

嫌だ嫌だという気持ちでいると、ますます嫌になる。

嫌なものは仕方がないが、嫌なことも続けなければいけない時がある。

嫌だということを考え過ぎるとノイローゼになる。

嫌なことを増やさないようにしたいがそういうわけにもいかない。

どうやって嫌なことともうまくやっていくか。

嫌なことを続ける時には、そのつもりでいる。

嫌なことがあると備えておく。

嫌なことの心の準備をしておく。

心の準備というのは大事である。

心の準備が整っていると深く嫌なことに落とされなくて済む。

嫌なことは、一番最初がつらい。

最初、嫌なことで散々な目に遭う。

もう二度と嫌だと思うが、続けなければいけない。

寝ている間も途中で目が覚め、気持ちよく寝ることができない。

憂鬱である。

しかし、続けなければいけない。

二日目三日目と嫌なことを続けていくと慣れていく。

この慣れというのが恐い。

自分自身が嫌な人間になっていくのである。

嫌なことを続けなければいけない時は、嫌な人間にならないよう気をつけることだ。

嫌なことを我慢して続けていくと、いつの間にか自分が嫌な人間になっていくのである。

自分が嫌な人間になっていることにも気づけなくなる。

嫌な人間にならないよう気をつけないといけない。

嫌な人間と一緒にいる時間が多い時は、自分が嫌な人間にならないよう気をつけないといけない。

■成長するために<3121>
嫌な人間になっていることに気づこう。