家には寝に帰るだけ。徹底的に時間を自分の好きなことにつぎ込むんだ【小さな成長2885】

家に帰ってくつろぐよりも、仕事をしましょう。

もう一仕事する。

家に帰っても、がっかりするだけ。

家だと緊張感がありません。

外で仕事をしましょう。

家には寝に帰るだけにする。

家に帰って着替えて寝て、朝起きて着替えて仕事に出る。

横になって手足を伸ばして寝ることができればそれでいい。

家に帰るとだらだらしてしまう。

それでは、自分の好きなことが前へ進まない。

朝起きてがっかりする。

なら、もう家には寝に帰るだけと決めて、徹底的に外で仕事をするのです。

徹底的に自分の好きなことに時間をつぎ込む。

自分の本当に好きなことで結果を出す。

何としても結果を出して大きく飛躍する。

朝から夜まで働くというのは好きなのです。

時間を自分のために徹底的に使いましょう。

また同じことになってはいけない。

絶対にこの1ヶ月で結果を出す。

今日も朝、まだ暗いうちから行動を開始するのです。

■成長するために<2885>
帰る前にもう一仕事して、それから帰ろう。

思ったことは今すぐに終わらせる。後でと思って後でやった試しがない【小さな成長2881】

思ったことは時間を計って、今すぐに終わらせていくことです。

あとでと思って、あとでやった試しがない。

集中し出すと、人間の集中力はたいしたもので、一気に終わらせることができる。

時間を計るといいのは、自分が思っているよりも時間がかかっているということ。

1分くらいで終わっていると思っていても、実際は2分半とか3分近くかかっている。

今は、わざわざストップウォッチを買わなくても、スマホでラップを計ることができる。

ルーチンでやる仕事は、ラップを計ってみましょう。

1回を何分で終わらせられているか。

ラップを計ると、思ったよりも時間がかかっていてがっかりする。

じゃあどうしようと次の方法をすぐに試すことができる。

やりながら、どこに時間がかかっているのか調べながら動くことができる。

ちんたらやっているといつまでたっても仕事は終わらない。

集中して一気に終わらせていくことです。

一気にノルマを終わらせて、終わったあとはのんびりする。

サポートに回る必要などない。

自分でどんどん仕事を終わらせていけばいいのです。

■成長するために<2881>
ラップを計って、さらなるスピードアップを図ろう。

手作業人力になっている毎日を自動化できないか自分で考える【小さな成長2870】

手動でやっていることを自動にできないかということは、いつも考えていきましょう。

システムの自動化というのは、自分の好きなことに専念するために大事です。

システムをつくる時には、あまり他人任せにするのはブラックボックス化するので、できるだけ自分で考えることです。

海外の映画やドラマを見ていて面白いのは、ギャングが何かを盗んでいったけれども、どれを盗んだか分からない。

天才的なギャングで、ほとんどのやつが見破れない。

そういう時にボスが、全部分解してみろという。

分解が終わったら、今度は全部元どおりにしろと命令する。

大変なことだから部下は悲鳴をあげるがボスは容赦しない。

何もなくなっているものはないという部下に、ボスはあってもなくてもいいチップがなくなっていることを見つけ出す。

細かなことは分からなくてもいいから全体の構造はよく分かっていると、悪いことが起きていないか見破るのに役立つ。

なので、システムを考える時も自分でこれはどうなっているんだろうと考えてみることです。

昔、ラジオを子供の時に私はつくらなかったが、ラジオをつくれる人はすごいなと尊敬したものである。

自分でつくるというのは、毎日が生き生きしてくる。

これは、どうなんだと考えていると毎日が飽きない。

今、手作業の人力になっていることを自動にできないか考えてみることだ。

自分で自動化を考えつくることができれば、やりたいことが飛躍的に前進するのである。

■成長するために<2870>
自分で自動化のシステムをつくろう。

スマホで徹底的に仕事をして、さらなるスピードアップを図る【小さな成長2865】

空き時間に自分の仕事をしましょう。

自分が思っていたことと違うことをすることになった時には、今日あとでやろうと思っていたことを終わらせていくのです。

時間を計ってせっせと終わらせていきましょう。

自由になると時間管理が適当になります。

自分の好きなように生きられる分、時間管理もしっかりしていくのです。

といっても毎日キツキツにしてはしんどいし何のために好きなことで生き始めたのか分からなくなる。

やる時は集中してやる。

やらない時はやらないというメリハリをつけていく。

メリハリをつけて、毎日好きなことをしていきましょう。

いくらスマホが便利になってきたといっても、10本の指で入力するパソコンには敵いません。

パソコンでスピーディーに仕事を終わらせて、自由な時間を増やしましょう。

スマホで仕事をし始めると意外とスマホでも仕事ができるから、どんどんスマホで仕事をしてしまいがちです。

それでも、やはり早いのはパソコンです。

パソコンとスマホの両方を使いこなしていきましょう。

今までも両方を使い分けていましたが、これからはもっと徹底的に使い分けていく。

どういう時はパソコンを使って、どういう時はスマホを使うかということを毎日の生活の中で決めておいましょう。

一度パソコンでやっていたことをスマホでとことんやってみると、スマホでできることが格段に広がります。

さらなるスピードアップを図りましょう。

スマホで徹底的に仕事ができるようになって、パソコンへ戻ってくる。

そうすると仕事を自在にパソコンとスマホを操ってできるようになるのです。

■成長するために<2865>
徹底的にスマホで仕事をして、パソコンへ戻ってこよう。

自分の好きなことに専念していく【小さな成長2789】

自分の好きなことに専念していくことです。

自分の好きなこと以外をやっているといつまでたっても自分の好きなことは前進しないのです。

一生懸命やっていれば、何でもそれなりにできるようにはなるのです。

そこそこできるようになって、そこそこ居心地もよくなって悪くもないかなと思ってしまいます。

好きで何としても達成したいということを最優先に考えて行動していくことです。

そこそこできてしまうことを、真面目にやってはいけません。

好きなことを真面目にやりましょう。

自分の目指すことが形にならないと、いつまでたっても毎日の充実感がないのです。

好きなことを前進させて、毎日を充実させていくことです。

自分の目指すことで、毎日を過ごしていくのです。

■成長するために<2789>
自分の好きなことで、毎日を充実させよう。