何もできていなくても焦らない。今は春に向け体調を整える時期と考える【小さな成長3023】

何かしようと思っても、何もできないときがある。

自分にとってタイミングが悪いのである。

頭の中で考えていることがあるのだが、できない。

いろいろなことが重なって、今すぐには行動に移せないときがある。

気持ちは焦る。

1月2月3月と、何もできなかったと焦る。

焦ってもいいことはない。

待つ時期というのは何も進んでいなくて、あまりいい気はしない。

それでも、待つ時期は待つ時期なのだから待つ。

何もしないで待つ。

準備とか段取りとか余計なことは考えない。

何もしない。

もし、働かなくてもいいのなら働くのもやめる。

何もしないという時期は、大事である。

真冬に下手に行動を起こせば、命を落とす。

東京の真冬はそうでもないが、北国の真冬は極寒。

マイナス30度になる地域もある。

真冬でなくても、外にいつまでもいては死ぬ。

北国の夜中、太陽がなくなる時間帯は、寒いでは表現できない冷たさ痛さ体が凍る。

それでも、真冬の星座は綺麗なので、真冬の夜空は楽しいのだが。

自分の体や心のタイミングにも真冬がある。

カレンダー上の季節は真夏でも、自分の体や心にとっては真冬という人もいる。

四季の移り変わりは毎年同じタイミングであるように、自分の体や心の四季も毎年同じタイミングである。

わざわざ自分の体や心にとって真冬の時期に、行動を起こすことはない。

真冬に行動を起こせば、命を落とす。

何もしないというのは、実は自分の命を守っているのである。

正月がきて1月2月3月は、あっという間に過ぎて行く。

もう3月も終わると焦ることはない。

日本の1月2月3月は、真冬の季節である。

真冬の時期1月2月3月に行動を起こすのは、そもそもいいタイミングではないのである。

真冬なのだから、無理に行動を起こせば命を落とすとまでは言わないまでも、体を壊すし風邪を引く。

1月2月3月は、暖かくしてゆっくり体を休める。

これからやってくる春。

4月5月6月の春の季節に行動を開始できるよう、もう少しの間は体と心を休めておけばいいのである。

■成長するために<3023>
気長に、春を待とう。

好きなことをする。失敗したと思うことはやめる。場所を変え好きなことをやり直す【小さな成長3003】

失敗したと思ったら、やめることだ。

失敗したと思ったら、場所を変えることだ。

失敗したなと感じるときがある。

失敗したと感じたことは、当たっている。

合っているかは、やってみないことには分からない。

やってみて合っていないと分かった。

合っていないと分かったなら、撤収することである。

これは駄目だなと感じるときがある。

少し前は、いいと思っていた。

時間と共に自分には合っていないと感じる。

良いと思っても、そのうち外れてくる。

時が半月1ヶ月過ぎて、何か違うと感じる。

過去に失敗したことがある。

うまく行かなかったことがある。

同じやり方では駄目である。

自分のやりたいことをやるというのが一番。

誰かのためというのをやめることだ。

誰かのためというのは疲れる。

とりあえず何をすると駄目かというのは、今までの経験から分かる。

人には向いているが、自分には向いていない。

人には向いているが、自分には向いていないことがある。

自分には向いていない。

自分には向いていないというのは、自分にしか分からない。

自分に向いていないことは、いくらやっても毎日が嫌になるだけである。

向いていない場所があるなら、向いている場所もある。

自分が居心地の良い場所というのは、過去を見てみると、そういう場所があったなと分かってくる。

駄目なら、やり直すことだ。

やり直すのは時間がかかる。

やり直さないで、そのまま進みたい。

そのまま進むと、結局嫌なことを続けることになる。

引き返して、新たな道を進む。

嫌なことはやめて、少し戻って自分の好きなことを前進させるんだ。

■成長するために<3003>
引き返して、好きなことをやり直そう。

時が満ちるのを待つ。何かすると逆効果だ【小さな成長2981】

気持ちを安定させる。

気持ちを安定させるには、じっとする。

何かしないと落ち着かない。

じっとしていられない。

落ち着かない状態では、いつまでも堂堂巡りが続く。

早く結果を出したい。

早く今の状態を抜け出したい。

早く何とかしたいという気持ちが、今よりも状況を悪化させる。

何かすると逆効果。

じっと待つことだ。

今まで散々行動して失敗している。

何もしないということを覚える。

余計なことをしない。

時間が経つのをじっと待つ。

本や映画、漫画やドラマを読んだり見たりする。

今まで読んでいなかった小説を読む。

今まで知らなかった音楽を聴く。

のんびり過ごして、時が経つのを待つ。

時期が来たら、迷わず行動を開始することだ。

■成長するために<2981>
時が満ちるまで、のんびり過ごそう。

挑戦。10年前頭の中で考えたことに挑戦する【小さな成長2972】

10年くらい前にやってみたいと思ったことがある。

10年というのは早い。

10年前のことが、この間のように感じる。

10年前に知り合った人と、今でも1年に一度くらい会う付き合いができる。

10年は、早い。

10年前に頭の中で描いたことがある。

ようやく頭の中で考えていたことができる環境を手に入れる。

何から始めようと順番なんて考えなくても、できるものはできるしできないものはできない。

今できなくても、気にしないことだ。

今は、今できることをする。

10年のうちに、他のやりたいことを行動に移してやっている。

やりたいことができる精神状態。

思いつきではないから、どうすれば実現できるか頭の中で考えることができるのである。

■成長するために<2972>
10年前できなかったことに、挑戦しよう。

休む年なのか行動する年なのかをよく考える【小さな成長2940】

休む年なのか行動の年なのかを、よく考えることだ。

新年になると、今年の目標を立てる。

たいがい目標は、達成できないまま終わる。

今年も何もできなかったとがっかりする。

行動するばかりが目標ではない。

何もしないというのも、立派な目標である。

即決断即実行というのは、聞こえはいい。

特に、これから何かをやろうと考えている人にとっては、背中を押される言葉だ。

よく考える必要がある。

自分にとって、行動を起こしていい年なのか悪い年なのか。

30年40年と生きていれば、いい年とよくない年が周期的に起きていることに気づく。

自分の過去を客観的に振り返ることだ。

■成長するために<2940>
行動していい年なのか、じっくり考えよう。