好きなことを徹底的にやる時は冒険の時。普段しないことにチャレンジする時【小さな成長3084】

好きなことを徹底的にやる時は、普段しないことにチャレンジする。

今までやっていなかったことを始める時。

好きなことをする時に、時間のかかることがある。

好きなことだけできればいいが、まだ、好きなこと以外に嫌なこともしなければいけない時がある。

どうやって、好きなことだけやっていくか。

好きなことができる時は、好きなことを順序は気にしないでやる。

自分で好きなことを徹底的にやる時期と決めて好きなことを徹底的にやる。

好きなことを徹底的にやると決めて好きなことをやっている時は、自分の感覚を大事にする。

今までやっていなかったことに、チャレンジする。

感が当たらない時というのは、当たらない。

感が当たらない時は、感には頼らない。

計画的に動く。

感を大事にする時期は、感にも頼る。

好きなことを徹底的にやる時は、冒険する。

好きなことを徹底的にやる時は、普段やらないことをするチャンスである。

今までやらなかったことを始めてみると、意外といい。

もっと早くやっておけば良かったと思うことはない。

始めるタイミングというのは大事である。

何か始める時は、タイミングを大事にする。

好きなことを徹底的にやる時に始めたことを大事にしていく。

途中でうまくいかなくなっても、それは中休みの時期と考える。

どんなことでも、休みなくというのは無理な話。

休みの時があるから、うまくいくんだ。

■成長するために<3084>
休みの時期だったと考えよう。

成功サイクル。成功サイクルの法則を見つけ飛躍する【小さな成長3076】

行動する日を決める。

この日にすると決める。

この日にするというのは、いつでもできるようなこと。

好きなことは、いつでもできる。

いつでもできるが、新たな行動は日を決める。

自分なりの成功サイクルの法則を見つける。

普段やっていることは毎日のこと。

毎日のことは、今まで通り。

思っていること、次はこうしようということ。

そういう新しいことは、日を自分の中で決めて始める。

自分なりのサイクルを見つける。

サイクルというのは人それぞれ。

人それぞれ微妙に違う。

顔や性格が皆違うように、自分の成功サイクルも皆違う。

似たような人でも微妙に違う。

自分のサイクルを自分で見つける。

自分の中の法則を見つける。

見つけるというか感じるというか。

思ったことをすぐに始めていると、何が良くて何が悪いのか分からない。

何が良いタイミングなのか何が悪いタイミングなのか分からない。

始めるタイミングを決めて、自分の成功するサイクルを見つける。

こういうサイクルだとうまくいくという自分の法則を見つけて飛躍するのである。

■成長するために<3076>
うまくいくタイミングを見つけよう。

行動を開始したら7ヶ月で結果を出す。12ヶ月で結果を出しては2年目が続かない【小さな成長3053】

新たなスタートを切る準備を始める。

スタートしたら、7ヶ月目に結果を出すことである。

12ヶ月目、1年後に結果を出そうとしてはタイミングが遅い。

陽気は、すっかり春である。

昼間は、半袖でもいいくらいの陽気である。

動きやすい季節になった。

自分にとっても春の季節なら、いよいよ行動開始だ。

待つことは大事だが、待ち過ぎると動かなくなる。

何もしないと何も変わらない。

自分にとって春が来たと感じるなら、行動を開始する。

行動を開始する時は、7ヶ月ビジョンにする。

1年は春夏秋冬とある。

自分の行動を開始する時が春。

春が来て夏になり、7ヶ月目頃の秋に結果を出して収穫し冬に休む。

春が来て行動を開始するのはいいが、いつまでも行動は続かない。

夏が来て秋に結果を収穫し、冬になったら休むということを忘れないようにする。

休むことを視野に入れないと、行動を開始し結果が出たのはいいが休む期間が無い。

結果が出たとしても休む時期がないと、次のサイクルで息切れする。

息切れし、次のサイクルで思うように結果が出なくなる。

休むことを計算に入れておかないと、1年で頓挫する。

3ヶ月ごとに区切って組み立てていく。

行動を開始する月が1ヶ月目。

7、8、9ヶ月目が結果を出して収穫する時期。

10ヶ月目から12ヶ月目は休む時期にする。

12ヶ月目、1年間後に結果を出そうと考えると、休む時期に結果を出すことになる。

12ヶ月目に結果が出たのはいいが、結果が出たあとすぐに春では、休めなくて2年目以降体がもたないし気力も続かないのである。

■成長するために<3053>
7ヶ月目に、結果を出そう。

時が経つのをもう少し待つ。待ってタイミング良く新たなことを始める【小さな成長3051】

誰かのため何てことはしない。

そろそろ活動開始かと思うときがある。

ゆっくり半年くらい休む。

何もしないことの大切さというのは、実際に何もしない日々を過ごすと分かる。

好きではない迷うことはやらないというルール決めておくと、これからすることで迷わなくて済む。

好きなことは迷う。

好きなことと好きではないことの迷いは違う。

迷うなら好きなことで迷うことである。

新しいことは、新しいことを考えるのはスタートを切ってからにする。

もう少し待つ。

1ヶ月くらいはすぐに過ぎるのだから、生活しているうちに時は経つ。

急いでもいいことはない。

もう少し時が経つのを待つことだ。

タイミング良く新たなことを始める。

待つことでタイミングを合わせていくことだ。

■成長するために<3051>
待って、タイミング良く始めよう。

何もできていなくても焦らない。今は春に向け体調を整える時期と考える【小さな成長3023】

何かしようと思っても、何もできないときがある。

自分にとってタイミングが悪いのである。

頭の中で考えていることがあるのだが、できない。

いろいろなことが重なって、今すぐには行動に移せないときがある。

気持ちは焦る。

1月2月3月と、何もできなかったと焦る。

焦ってもいいことはない。

待つ時期というのは何も進んでいなくて、あまりいい気はしない。

それでも、待つ時期は待つ時期なのだから待つ。

何もしないで待つ。

準備とか段取りとか余計なことは考えない。

何もしない。

もし、働かなくてもいいのなら働くのもやめる。

何もしないという時期は、大事である。

真冬に下手に行動を起こせば、命を落とす。

東京の真冬はそうでもないが、北国の真冬は極寒。

マイナス30度になる地域もある。

真冬でなくても、外にいつまでもいては死ぬ。

北国の夜中、太陽がなくなる時間帯は、寒いでは表現できない冷たさ痛さ体が凍る。

それでも、真冬の星座は綺麗なので、真冬の夜空は楽しいのだが。

自分の体や心のタイミングにも真冬がある。

カレンダー上の季節は真夏でも、自分の体や心にとっては真冬という人もいる。

四季の移り変わりは毎年同じタイミングであるように、自分の体や心の四季も毎年同じタイミングである。

わざわざ自分の体や心にとって真冬の時期に、行動を起こすことはない。

真冬に行動を起こせば、命を落とす。

何もしないというのは、実は自分の命を守っているのである。

正月がきて1月2月3月は、あっという間に過ぎて行く。

もう3月も終わると焦ることはない。

日本の1月2月3月は、真冬の季節である。

真冬の時期1月2月3月に行動を起こすのは、そもそもいいタイミングではないのである。

真冬なのだから、無理に行動を起こせば命を落とすとまでは言わないまでも、体を壊すし風邪を引く。

1月2月3月は、暖かくしてゆっくり体を休める。

これからやってくる春。

4月5月6月の春の季節に行動を開始できるよう、もう少しの間は体と心を休めておけばいいのである。

■成長するために<3023>
気長に、春を待とう。