簡単に答えは出ない。簡単に答えが出るという単純なものではない【小さな成長3137】

落ち着いて考えるというのは大事だなと思う時がある。

ゆっくり休む時間があると、「そういうこともあるな」と、落ち着いて考えることができる。

人は、他者を思い通りにしたいという欲望がある。

なのでそういうもんだと思っておけば、人からのコントロールに動じなくなる。

適当にコントロールされながら受け流す。

コントロールに対立すると喧嘩になる。

人をコントロールしないというのも、そう簡単ではない。

するしないで解決するほど単純ではない。

なので、落ち着いて考えるというのは大事である。

■成長するために<3137>
簡単に答えを出すのは、気をつけよう。

感情的になるのは未熟だから。暴言罵倒とまともに戦ってはいけない。かわす術受け流す術を覚えることだ【小さな成長3128】

嫌な人とも同じ環境にいやければいけない時がある。

嫌な人というのは、どこにでもいる。

様々な人間がいる。

最近は、壊れた人間も多い。

頭がおかしくなっている。

暴言罵倒を浴びる人間というのは、すでに頭が壊れかけている。

暴言や罵倒は、自分で気づくしかない。

誰も、暴言罵倒を浴びせる人に真実は言わない。

暴言罵倒を浴びせる人が王となる場合がある。

皆、奴隷になる。

暴言罵倒を浴びせる人とまともに戦おう何ていうことは考えてはいけない。

精神的に非常に良くない時間を過すことになる。

暴言罵倒を浴びせる人に従うということではない。

暴言罵倒を浴びせる人は、弱い者が好きだ。

弱い者を見つけて言葉の暴力を振るう。

そういう弱い者いじめの暴言罵倒を浴びせる人間には、失礼のないように毅然とした態度を取る。

変にペコペコしてはいけない。

理不尽な内容は、きっぱり意見する。

言いなりになってはいけない。

意見しながらも、相手の攻撃は適当にかわす。

暴言罵倒は、受け流す。

暴言罵倒と戦うには、人間的な成長が欠かせない。

懐の深さが必要である。

感情的に意見するというのは一番やってはいけないことである。

感情的になりそうな時は、何も言わず退却する。

感情的になるということは、まだまだ未熟ということだ。

■成長するために<3128>
感情的になるなら、退却しよう。

悪口が渦巻いている時は礼儀正しさを忘れない。悪口しか言わない人とは礼儀正しく接する【小さな成長3122】

礼儀正しさというのは大事だなと思う時がある。

悪口というのは、人を悪くする。

悪口の中にいると、悪の影響を受ける。

悪口をいつも言っている人と一緒にいると悪影響を受ける。

悪口は、人を悪の側へ引き込む。

悪口に悪口で対抗し始めると最悪である。

憎悪というのは気をつけないといけない。

人を憎みたくはないのに、憎悪が続くと人を憎み始める。

悪口というのは聞かないようにしていても聞こえてくるから厄介だ。

一日中人の悪口を言っている人がいる。

人を無能扱いし罵る。

人の悪口を言う人とは距離を置くようにしていても悪影響を受ける。

悪口で覆い尽くされた一日というのはつらい。

悪口を言い合って仲間意識が強まる。

腹の中では何を考えているか分からない。

駆け引きのような生活にならないようにしていくことだ。

毎日が悪口を言う相手との駆け引きのような生活は非常に疲れる。

口の悪い人に振り回されないようにする。

悪口が蔓延している時は、礼儀正しさを忘れないことだ。

悪口を年中言っている人は、礼儀正しく相手にしないことだ。

相手のペースに巻き込まれれば、ひとたまりもない。

悪口ばかり言っている人は、礼儀正しく無視するのが一番である。

■成長するために<3122>
悪口は、礼儀正しく無視しよう。

相手のイライラをまともに受けてはいけない。イライラは受け流して様子を見ることだ【小さな成長3119】

疲れている人とは関わらないことである。

疲れている人はイライラしがちである。

疲れている人と関わって、嫌な思いをすることはない。

この人何と思う時がある。

この人ムカつくなと思う時がある。

この人ムカつくと思っても、やり過ごす。

少し様子を見る。

実は、疲れていてイライラしてるだけという時がある。

たまたまイライラしていた時に当たっただけという場合がある。

イライラしたことのない人なんていない。

誰だってイライラすることはある。

相手の立場で考えてみることだ。

毎日、ムカつく奴を相手にしているのである。

ムカつく奴を相手に、イライラしないようにしているのである。

イライラをぶつけられたらイライラを受け流すことだ。

イライラを受け流せば、相手のイライラが減る。

相手の精神衛生に役立つ。

■成長するために<3119>
イライラを受け流そう。

前向きに考えていてもいいことは起こらない。自分で手に入れるしかないんだ【小さな成長3086】

自分の性格は知っているようで知らない。

自分がいいと思っていた性格は、あとからつくられたもの。

本来の性格というのを忘れていく。

人に気に入られようとしてつくる性格は、本来の自分の性格ではない。

人に気に入られようなんてことを、なぜ始めたのか疑問に思う。

読む本の影響というのは大きいので気をつけないといけない。

本は読むならいろいろなジャンルの本を読む。

自分がやろうと思っていることに、徹底的に取り組んで、過去のことにもケリをつける。

自分が失敗だったと思うことは失敗である。

失敗は失敗である。

前向きに考えてはいけない。

前向きに考えると、本当は失敗なのに失敗ではないと勘違いする。

前向きに考えると、本当は間違いなのに正しいと勘違いする。

前向きに考えるというのは、気をつけないといけない。

前向きに考えて、今までいいことが起きたかよく考えてみることだ。

前向きに考えても、大したいいことは起こらない。

悪いことというのは、いくらでも起こる。

いいことというのは、考えているだけではだめである。

前向きに考えても、いいことは起こらない。

いいことは、自分の力で手に入れる。

待っていても、いいことは起こらない。

自分で徹底的に取り組んで、自分の目指す結果を出すことだ。

■成長するために<3086>
自分の力で、結果を出そう。