好きなことは経験を積むと弱くなる。初心者の自分に負けるな 【小さな成長3216】

スポンサーリンク

好きなことをしていると、あの時はよくやったなとつくづく思う時がある。

好きなことでも無理と思っていることがある。

昔挑戦し大変な思いをし、それでもそれなりに良い思い出になってはいるがもうやらないと思ったこと。

昔経験したことに比べると、メチャクチャ今は楽である。

初めては、分からないことだらけ。

初めての好きなことをやっている最中は、もう二度とやらないと何度も何度も心の中で誓う。

それでも、初めての好きなことを達成するとこれは凄いことになる。

達成した人でなければ分からない感動がある。

映画を見終わって感動するとか芸術に触れて感動するとかそういうのとはまったく別次元の感動。

感動というよりも興奮。

達成した時に、思わず叫んでいる自分がいる。

初心者を馬鹿にはできない。

初心者というのはとんでもないことをする。

初心者は、常識では考えられないことをやってのける。

初心者を見くびってはいけない。

経験豊富になると初心者に敵わなくなる。

常識が邪魔をする。

初心者の時全力を尽くした自分が、最大のライバルになる。

■小さな成長<3216>
初心者の自分と勝負しよう。

口の悪い老人に腹を立てない。腹を立てるより受け流す【小さな成長3179】

老人に優しくする。

老人というのは、いろいろな人がいる。

優しい老人もいるが、口が達者で口の悪い老人もいる。

いろいろな老人がいるが、老人に優しくする。

老人に腹を立ててもいいことはない。

ある程度冷めて優しくすることも時には必要だ。

老人が言うことに、いちいち腹を立ててはいけない。

老人が言うことに腹を立てているうちは老人の相手にはならない。

腹を立てているうちは、いろいろなことに振り回される。

腹を立てるというのは、心が乱れているから。

腹を立てるというのは、余裕がないから。

■小さな成長<3179>
腹を立てるより余裕でいよう。

どうでもいいことに悩まない。どうでもいいことには関わらない【小さな成長3159】

どうでもいいやと思う時がある。

熱くなるのも、腹を立てるのも時間の無駄である。

どうでもいいことに、真面目にならないことだ。

どうでもいいことに腹を立てている時間がもったいない。

相手にしないことである。

どうでもいいことで思い悩まない。

わけの分からないことに振り回されるのは時間の無駄である。

どうでもいいことには関わらないことだ。

相手にしないというのは大事である。

相手にするから、嫌な思いをする。

相手になんかしなければいいんだ。

■小さな成長<3159>
どうでもいいことは、忘れよう

心のレベル。心が歪みそうになっても自分の心と向き合う【小さな成長3149】

癖というのは自分では気づけない。

人を小馬鹿にするのも一種の癖なのだろう。

人を小馬鹿にしている本人は気づいていない。

感というのは当たる時と当たらない時がある。

感は当たらない時もある。

感は当たる時もある。

何か気持ち悪いという感は当たっている。

何かがおかしい。

そういう感は大事にする。

何か変だと感じる人と感じない人がいる。

何も感じない人もいる。

感じることができるかできないかは心のレベルが違うからである。

心のレベルが違う人には分からない。

心のレベルといっても、レベルは、1、2、3、4というような分かりやすい上がり方はしない。

下がったり上がったり曲がったり戻ったり。

心のレベルは直線的には上がらない。

心が歪んだまま終わる人もいる。

心が歪みそうになっても何とかして歪まないようにしながら徐々に上へ上がっていく人もいる。

■小さな成長<3149>
心の歪みと向き合おう。

雨の日に差がつく。雨の日でも行動できるよう精神力を鍛える【小さな成長3148】

雨の日に差がつく。

雨の日用持ち物を充実させる。

雨の日でも快適に行動し体力をつける。

初めてのことは、体が慣れていない。

初めて経験することは体に思わぬ負荷がかかる。

雨の日というのは思っている以上に体力を消耗する。

雨の日は、体力だけではなく気力も奪われる。

一度、雨の日に大変な経験をすると、二回目三回目は体が順応する。

二回目から体は強くなる。

二回目からは心も強くなる。

寝ると体は超回復する。

体が変わっていることが分かる。

二度目三度目になると、へこたれなくなる。

耐えられるようになる。

体力と精神力。

もうダメだと思うと不思議なもので体は動かなくなる。

まだまだ負けるもんかと思っているうちは体は動く。

体力をつけながら精神力も鍛える。

どんなに体力をつけても精神力がついてこないと逆境に弱い。

どんなに屈強な体に鍛えても、精神力がないと強くはなれない。

雨の日に精神力を鍛えることだ。

■小さな成長<3148>
雨に強くなろう。