ラストチャンス。一つに集中しラストチャンスを手に入れる【小さな成長3215】

スポンサーリンク

決別を決めた後は、いくらでも演じればいい。

期限を決める。

この日と決める。

この日という日が決まると人は変わる。

目標をつくると楽だ。

目標を定めず思うがままにというのは意外とつらい。

目標があると困るというわけでもない。

目標を定めその目標に向かって前進する。

苦手な人種をまた一つ克服すればいい。

自分の苦手を克服する。

ここから先はやりたいことに磨きをかける。

やりたいことをやっていると、二度と同じことはやりたいとは思わない。

完全に興味がなくなる。

その分一つに集中できる。

一つのことに時間を費やすことができる。

一つのことを徹底してやっている人は強い。

一つのことを貫くというのは大変である。

目標を定め一つを徹底してやる。

ラストチャンス。

ラストチャンスと自分に言い聞かせて臨むことだ。

■小さな成長<3215>
最後のチャンスを何としてもものにしよう。

仕事の前でも気になることは試す。失敗を恐れていては何もできない【小さな成長3203】

何かしてみようと思ったことは試す。

失敗したらどうしよう何ていうことは考えない。

失敗しないというのは平凡な毎日。

毎日同じことをしていれば失敗しない。

毎日同じことをしていれば失敗しないが何も変わらない。

失敗があるから楽しい。

失敗があるから思い出になる。

成功も思い出になるが、失敗も思い出になる。

たった30分あれば試せること。

たった30分あれば試せるのに試さない。

仕事の前だからと自分の中に言い訳をつくって試さない。

試さないまま今日も終わる。

■小さな成長<3203>
仕事前の30分に賭けよう。

チャンスは少ない。チャンスは月二回くらいしかないと思えば少しは行動にも移すだろう【小さな成長3087】

チャンスは、月二回くらいしかないと考えるとチャンスを大事にする。

毎日働いていると毎日チャンスがあると思う。

毎日働いていると、いつでも取り返せると思いがちである。

今日がだめでもまた明日があると思う。

実際は、チャンスは少ない。

チャンスが月に二回くらいしかないとすると、このチャンスをのがすと半月先になる。

半月先までチャンスが待ってくれればいいが、大概のチャンスは逃げていく。

いつでもチャンスはない。

チャンスは、月に二回くらいしかないと思うと、少しは行動に移すだろう。

いつでもチャンスがあるとは思ってはいないのだろうが、そのうちと思っているとチャンスを逃がす。

チャンスをものにするには、少ないチャンスをつかまないといけない。

チャンスをつかむ時は、のんびりしていてはいけない。

月に二回くらいしかチャンスがないと考えると、チャンスをつかむ時はのんびりしてはいられない。

休みやのんびりすることは大事だが、ただのんびりしているだけではチャンスはつかめない。

チャンスの時は、一気にチャンスをつかむ。

行動を開始する時は、のんびりまた明日でもいいや何てことを考えていてはいけない。

明日では、チャンスはつかめない。

今日のチャンスは今日つかむ。

明日チャンスをつかもうとしていては、もう遅いのである。


■成長するために<3087>
チャンスの日に、チャンスをつかもう。

運気が上向きな時は嫌なことはやってはいけない。評価は上がりチャンスは失うことになる【小さな成長3064】

新しい物を買う前に部屋の掃除をする。

新しい運気が始まったら持ち物を整理する。

これから何かをしようという時は、綺麗というのは大事。

本当は、綺麗な新たな土地で綺麗な今までよりもいい住まいに引っ越すといい。良い運気の時に。

引っ越すところまでは難しいと思う時もある。

それでも、運気が上向きの時は、何事もチャレンジである。

運気が下向きの時は不可能な事も、運気が上向きな時は可能になる場合がある。

なので、チャンスの時期が来た時は、迷わず行動する。

自分の感を大事にする。

運気が上向きの時は、危ない橋も渡る。

普段しないことでも、運気が上向きの時は挑戦する。

ここで挑戦するのは、あくまでも自分の好きなこと。

自分が嫌と思うようなことの挑戦はしてはいけない。

運気が上向きの時は、自分が嫌と思うようなことでもうまく行く。

運気が上向きの時は、自分が評価されたくないようなことでもうまくいく。

自分の評価が上がる。

自分が評価されたくない評価というのは厄介だ。

自分がやりたくもないことで結果が出る。

元々はやりたくもないこと。

元々はやりたくもないことで評価されて、仕事の中心になってやってくれないかと言われて思い悩むことになる。

元々は嫌なことであるから、運気が下向きに変わった時には結果が出なくなる。

運気が下向きに変わり、今度は結果が出ず批判され嫌な思いをし、やらなければ良かったと後悔する。

元々は自分の嫌なことだから、嫌な思いをし始めれば精神的にも蝕まれる。

運気が上向きな時に嫌なことに挑戦すると大幅な遠回りになる。

新たな上向き、一番最高の運気は12年後とかそういうずっと先。

次の最高になる運気の時に今度は本当に好きなことで結果を出そうとしても、遠回りどころか、もう達成できないチャンスだったともなる。

だから運気が上向きな時は、嫌なことなんてやっていてはいけないんだ。

運気が上向きな時に嫌いなことをやるとチャンスを失う。

運気が上向きの時は、好きなことに徹する。

難しそうなことでも、自分が好きなことに挑戦することだ。


■成長するために<3064>
運気が上向きな時は、好きなことに徹しよう。

ガキにならないよう気をつける。待って最短距離を摑む。思ってもすぐに始めないことだ【小さな成長2980】

自分の感覚を信じない。

自分の感覚は信じないことだ。

自分の感覚というのは怪しいのである。

決断するときは、それで間違いないと思って決断する。

実際は、追い込まれて決断する。

追い込まれて決断したものは間違いである。

間違いではないと思っている時点で間違っている。

自分が正しいと思ってやっていることを否定されると腹が立つ。

腹が立つということは、図星を指されたのである。

腹が立ったら省察するいい機会だ。

腹が立つということは、短慮ということ。

短慮とは浅はかということ。

相手の思う壺。

ガキは、待つことができない。

早く早くと強請る。

ガキにならないよう気をつけることだ。

何かしたいと思ったとき、思ったらやらずにはいられないのはガキと同じである。

金がある分、ガキよりも厄介だ。

失敗は、敢えてすることはない。

最短距離のイメージは大事だ。

待って、最短距離を手に入る。

待って、最短距離を摑むことだ。

■成長するために<2980>
じっと待って、最短距離で行こう。