カチンときてもその場でケンカはしない。ケンカは明日すると考え仕事を徹底的に覚え早くできるようになる【小さな成長2784】

ケンカは、明日しましょう。

カチンときた時に、ケンカは明日するケンカは明日すると自分に言い聞かせましょう。

カチンときた時に、そのまま感情に任せてブチ切れてしまうといいことはありません。

カチンときてもケンカは明日すると考えてその場はやり過ごしましょう。

いったんやり過ごすことで冷静になれます。

ただやられっ放しではいけません。

チャンスをうかがいましょう。

会社には、どこにいってもムカつく人がいます。

なんだコイツというヤツがいます。

たいした仕事はできないのに文句ばかり言ってくる人間がいます。

そういう人間に言われっ放しではいけません。

情報を集めて淡々とチャンスがくるのを待ちましょう。

相手を立てることは忘れずに自分をいかにして優位な状況にしていくかを考えていくことです。

自分の居心地が悪くなっては仕事が面白くなくなってしまいます。

仕事を楽しくやっていくには味方を増やしていくことです。

仕事ができるようになっていくと味方が増えます。

ムカつく相手と戦う時には、まずは仕事を徹底的に覚えて早くできるようになることです。

ムカつく相手と戦うのは、仕事ができるようになってからでも遅くないのです。

■成長するために<2784>
ムカつく相手と戦う前に、仕事をできるようになろう。

目標をつくって慣れてしまった毎日に新たな刺激を与える【小さな成長2774】

目標があるとやる気がアップしてくれます。

毎日同じことの繰り返しではどうしてもあきてくるし、何も目指すものがないというのもつらいのです。

自分の好きなことで目指すものができると毎日が引き締まります。

今までも好きなことをいつまでにと思ってやってきて、でも続けているうちにどうしても何となくになってしまう。

それが、具体的な目標ができるとその目標をどうやってクリアしようかと考えて行動を起こすことができます。

新たな目標ができると、毎日の目覚めも変わってきます。

好きなことを始めた最初のころは新鮮だった日々も毎日を過ごすうちに普通になってしまいます。

毎日刺激があっては疲れてしまいますが、たまに刺激が加わると平凡になってしまった毎日が違ってきます。

本当にできるだろうかと臆病になることはありません。

失敗もあるしうまくいった部分もある。

全部失敗ということはないのです。

今までの中でうまくいった部分に目を向けることです。

うまくいかなかったことはあきらめて、別な発想で取り組むことです。

時間は無限にあるわけではないから何でもかんでもやっている場合でもありません。

的を絞るには今までやってきた経験が必要です。

何も知らないところからでは間に合いません。

今まで何度も挑戦してきて失敗しているから、省けることは省いて目標達成に向け最短距離で進めるのです。

■成長するために<2774>
目標達成に向け、最短距離で前進しよう。

最初から全開で飛ばして何としてもこの1年で新たなステージへいく【小さな成長2755】

1年で何としても結果を出すと気持ちも新たに毎日の生活をスタートしたら、最初からのんびりしないで飛ばしていきましょう。

1年は長丁場ですが、でもあっという間です。

もう1年が過ぎたとなります。

また明日とやっていると1年が終わってしまいます。

10年と考えると長いですが、1年はあっという間なのです。

自分の体調を考えながら軽快に飛ばしていきましょう。

初めてのことではないのです。

すでに今までにも挑戦していてうまくいかなかった。

リベンジです。

初めての1年目の時は1年あると思って最初はのんびりしてしまいます。

のんびり今まで自分がやろうと思っていてできなかったことをやり始めて、すぐに半年くらいが過ぎてようやく軌道に乗り始める。

1年はすぐに終わってタイムオーバーとなってしまう。

リベンジの時には、最初ののんびりした状態はもう1度経験しているので必要ありません。

最初から新たなステージを目指して、飛ばしていくのです。

何としてもこの1年で飛躍する。

最初から全開で飛ばしていくのです。

■成長するために<2755>
最初から全開でいこう。

1年続ける体力を考えてスタートする。好きなことを1年続けて何としても飛躍する【小さな成長2754】

自分の好きなことに専念できる環境をつくろうとして、環境を整えるのだけれども、そこから好きなことに専念して好きなことを徹底的にやってでもあと一歩のところで手が届かないという時があります。

ただがむしゃらでは続かない。

あと一歩というところから、さらにその先へ進んでいく必要があります。

頑張ってやろうとしていると長続きしません。

あと一歩というところからさらに淡々と続けるにはどうすればいいのかと思います。

1ヶ月くらいはペースをつくることができます。

しかし、1ヶ月では足りない。

3ヶ月半年とそのペースを続けたいと思うけれども、なかなかそのペースを保つことができません。

ビションを1年先へ持っていく必要があります。

短期決戦だけでは勝てない時があります。

1ヶ月くらいならいいペースをつくれるのに、それ以上になるとペースがガタガタになってしまう。

1ヶ月は勢いでできますが、1年となると勢いではできません。

どう1年を過ごすかを考えていきましょう。

1年続けるにはどうするかを考えてみる。

無理なペースをつくると続きません。

1年続けるペースをつくろうと今まで何ども考えてきました。

そして1年を過ごしてきて、うまくいかなかった経験があって同じことをしては前と同じになります。

どうやって1年自分のペースを崩さずに続けられるかを考え直していかないといけない。

淡々と1年続けるには、体力がいります。

朝起きて午前中を過ごして昼がきて夜がきての繰り返しを淡々と1年続けていく。

1年続けるために準備しましょう。

続かなくなる原因があります。

続けようと思っても続けられなくなる原因がある。

そうならないようにしていきましょう。

同じことの繰り返しにならないようにしましょう。

この1年で決着をつけると何度も思っていて今までうまくいかなかった。

何度同じことを繰り返すのだろうと思います。

それでも、あきらめないで続けてきてあと少しというところまできている感覚があるのにそこから先が遠い。

一歩一歩コツコツというのも本当に近づいているのかと不安になります。

それでも、今日もスタートするしかありません。

単発ではうまくいきません。

連続で続けていく必要があります。

連続で続けるには、1年続ける体力が必要です。

新たな1年が自分の区切りの中でスタートします。

自分の中での新たな1年のスタートの時。

今回こそという思いはいつもあります。

今回こそ1年徹底して続けて何としても飛躍する。

1年続けられる体力を計算に入れて新たな1年をスタートするのです。

■成長するために<2754>
この1年で何としても飛躍しよう。

チャンスを大事に好きなことでもチャンスをつかみにいく【小さな成長2750】

チャンスを待っているうちにチャンスは去っていきます。

指をくわえてチャンスが過ぎ去っていくのを見つめることになります。

チャンスと思ったら攻めることです。

躊躇しないことです。

チャンスは、自分からつかみにいくことが大切です。

待っていては、チャンスに避けられてしまいます。

チャンスをつかむには、チャンスがくるタイミングを予測しましょう。

準備して用意して、準備万端でチャンスをつかみにいくのです。

簡単にチャンスはつかめるはずがないと思っていると、本当に簡単ではなくなってしまいます。

チャンスをつかむのは簡単と思っておくのです。

チャンスと思ったら躊躇しないことです。

チャンスをしっかりつかむには、行動に移すことです。

チャンスを待たないことです。

チャンスが向こうからやってくるのを見ていないことです。

チャンスと思ったら、自分から行動を起こしてつかみにいくのです。

ダッシュして一気にチャンスをつかまえることです。

あ、チャンスがきたと言っているうちにチャンスはどこかへいってしまいます。

いくら好きなことを一生懸命やろうとしても、チャンスがつかめなくてはそのうち嫌になってしまいます。

好きなことをする時も、チャンスをつかむことを忘れないことです。

チャンスを無視して好きなことをやっていては、うまくいかなくて続けるのがつらくなるのです。

■成長するために<2750>
好きなことをする時も、チャンスを大事にしよう。