失敗を恐れない。失敗したことで、強くなっている。【小さな成長1471】

スポンサーリンク

前向きになるには、失敗したことを受けとめることです。

失敗したことは、身になるのです。

失敗したことを考え直して、次は失敗しないようにしていくことです。

失敗をしないことは、ありません。

緊張する場面に直面すれば、失敗します。

普段は、まちがえなくても、追い込めば考えちがいをします。

まちがえると、頭の中でリピートされます。

夜も眠れなくなります。

それでも、いいのです。

翌日ボーとしているけれども、解決方法が何となくイメージできてくるのです。

失敗と、再チャレンジです。

失敗するチャンスは、避ければいくらでも減らすことができます。

何もやらなければ、失敗しません。

失敗しないかわりに、年老いていくだけとなります。

失敗するのは、昨日到達できなったところに今日挑戦しているからです。

半年前を、振り返ってみることです。

6カ月7カ月前には失敗していたことが、今は普通にできるようになっています。

断片だったものが、イメージできるようになっているのです。

失敗すれすれを通ることで、気づけるのです。

知ることが、できるのです。

紙に書いてあることは、いくら読んでも眠たくなる一方です。

失敗があるから、記憶に刷り込まれるのです。

失敗して覚えたことは、忘れません。

「あのとき、こうやって失敗したんだよね」ということは、いい反省になっています。

ぎりぎりの状況が終わって、寝て、翌日になると、パワーアップしているのです。

■成長するために<1471>
寝て、パワーアップを待とう。