音を真似る。音を真似れば仕事は飛躍的に速くなる【小さな成長3070】

スポンサーリンク

仕事の速い人がいる。

神業と思う速さである。

驚くことはなくて、毎日やっている人にとっては当たり前の速さ。

毎日やっていれば普通に速くなる。

こういう速さの仕組みは好きなことに応用できる。

好きなことも速さを楽しむ。

仕事が速いことにあまり最近は興味はないのだが、それでも仕事の速い人と一緒に仕事をするといい刺激になる。

仕事の速い人は、音が違う。

仕事の速い人と同じ音を出せれば、仕事は飛躍的に速くなる。

仕事が速くなっても社畜として扱われるだけで大したいいことはないのだが、それでも仕事が速くなりたいと思う人は、仕事の速い人の音を真似てみるといい。

仕事の速い人と同じ音は、まったく出せない。

最初は仕事の速い人と同じような音は出せないが、自分が出している音が少し変わる。

音を真似ようとすると、自分の今やっている仕事のやり方とは根本的に違うことが分かる。

例えば、パソコンのブラインドタッチ。

ブラインドタッチの速い人と遅い人では音が全然違う。

ブラインドタッチは、速い人がそこら辺にたくさんいそうだからあまりいい例ではなかったか。

あまり見ない仕事で、それを毎日なっているような人が出している音。

私もブラインドタッチはできるが、ブラインドタッチの速い人は誤入力がない。

私は、ブラインドタッチは速くない。

入力ミスを直しているうちに時間が経つ。

もしかすると、ブラインドタッチの速い人は、凡人が気づかないスピードで入力ミスを修正しているのかもしれない。

確かに仕事を速くやっていると、ミスに気づくのも速くなる。

頭が、フル回転している時はいろんなことを同時に脳が認識しているような気がする。

気がするだけで、あまり根拠はないのだが。

速くなる秘訣は、ブラインド入力を覚えることなんじゃないかと昨日思った。

スマートフォンの入力も、指先を見ないで入力すると速くなるのでは。

だが、スマートフォンの入力は音が出ない。

これも、あまりいい例ではなかったか。

■成長するために<3070>
速ワザを真似よう。

鈍感に生きる。どう思われていようが気にしない【小さな成長3024】

私は、最近は大した仕事は速くやろうとは思わない。

速くやろうとする仕事は、自分のクビを絞めることになる。

自分のペースで仕事をするのが長続きの秘訣である。

それでも、少しは真面目に仕事を今日はしたほうがいいかという空気の日がある。

仕事を一緒にする相手が全員各部署の責任者というときがある。

こういうときでも、尊敬する達人はマイペースだ。

真似ができない。

マイペースな人は、もうすぐ還暦だとなっても仕事の指名を受ける。

仕事自体は、速くない。

速いというよりも遅い。

しかし、仕事の指名を受ける。

還暦ともなれば、体は20代30代のときのようには動かない。

目も悪口なる。

鈍感であることは大事だ。

人に何か言われるなんてことは気にしていない。

我が道を行けばいいんだ。

■成長するために<3024>
鈍感に、なろう。

泣き言は言わない書かない。甘ったれていてはいけない【小さな成長3002】

頑張っては、言わないことだ。

頑張っている人を、応援しないことだ。

本当に頑張っている人は、人に頑張っている姿は見せない。

本人は、頑張っているとは思っていない。

当たり前と思っている。

今は、フェイスブックでいくらでも自分を友達に見せることができる。

フェイスブックで、私は頑張っていますと一生懸命文を書いている人がいる。

普通の一般ピープルならいいだろう。

存分に普段の頑張っている自分を書いて、慰めてもらえばいい。

世間に何か言おうとしている人物が、フェイスブックで泣き言を書いている場合がある。

何を甘ったれているのか。

その文章を読んだり音楽を聴いたりしてくださっている人に失礼である。

何か世の中に言おうとしているなら、泣き言は言わないことだ。

泣き言を言いたいなら、辞めればいい。

辞めて普通の生活に戻って大いに泣き言を言ったり書いたりすればいい。

■成長するために<3002>
甘えるのは、やめよう。

敗者の言葉「やっても無駄」。行動力をなくさず挑戦する。無駄かどうかはやってみなければ分からない【小さな成長2999】

自分が挑戦し失敗した。

現実を思い知る。

やっても無駄と諦める。

諦めると行動力がなくなる。

挑戦しなくなる。

行動力をなくさないことだ。

挑戦することだ。

無駄をしないようにしようとすると、行動力がなくなる。

わざわざ無駄なことをすることはないと思うときがある。

「無駄かどうかは、やってみなければ分からない」

約15年前、20代後半の頃、20代前半の女性に言われた言葉である。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

仕事を一通りこなすと、やっても無駄と感じることがある。

自分がやって失敗した。

失敗の経験があると、やっても無駄と切り捨てる。

その女性に「やっても無駄だよ」と言った。

「無駄かどうかなんて、やってみなければ分からないじゃないですか」

と言い返された。

無駄かどうかは、やってみなければ分からない。

自分の失敗を、人に押しつけてはいけない。

人生を賭ける挑戦をし、戦いに敗れる。

同じ道を辿ろうとする若者に、お前らにできるわけないだろと言う。

私も19歳になろうという年に、40代の敗者に言われた。

「やっても無駄だ」

「お前らにできるわけないだろ」

自分ができなかったことを、若者に偉そうに言ってはいけない。

その40代の敗者は、旧帝国大学で博士までとった成功者である。

博士をとり、さあこれからという段階になり、戦いに敗れた。

自分の才能の無さを思い知る。

現実は、そんなに甘くないということを知る。

上には上の秀才がいる。

信じられない頭脳を持つ天才がいる。

現実を知り、挫折する。

負け組。

負け組、敗者。

敗者のままではいけない。

敗者なら敗者らしくしていることだ。

これからという若者に、戦いに敗れた敗者が分かったようなことを言ってはいけない。

やっても無駄というのは、行動力を失った敗者の言葉なのである。

■成長するために<2999>
20年前敗れたことに、再挑戦しよう。

仕事は効率よく終わらせる。2回の往復を1回で終わらせる【小さな成長2997】

今までは2回往復していたのを、1回の往復で終わらせる。

仕事は、淡々と終わらせていく。

急ぐ必要はない。

淡々とやっていけば、いつか終わる。

終わりのない仕事はない。

たくさん汗が流れる状態はよくない。

速くやっても遅くやっても時給に変わりはない。

もらえる金は一緒だが、仕事は早く終わらせる。

仕事が早く終われば、一息つける。

時間ぎりぎりでは、休めない。

体を速く動かすことには、限界がある。

体を速く動かすよりも、効率よく終わらせていくことだ。

毎日同じ仕事をしていれば、自然とコツをつかんでくる。

早く終らせて、のんびりするといいんだ。

■成長するために<2997>
効率よく、仕事を終わらせよう。