寝て食べて働くを充実させる。うまくいかないときには【小さな成長2995】

スポンサーリンク

自分の好きなことを続けていくには、休息や食べ物が必要である。

車も、メンテナンスしないと壊れるし、燃料がないと走らない。

人間も、毎日寝ないと動けないし、食わないと力が出ない。

好きなことをするには、毎日の睡眠や食は欠かせない。

腹が減っていては、やる気もでない。

腹いっぱいに食べることはない。

疲れたときは、休憩がいる。

休憩しないで、8時間ぶっ通しでは倒れはしないまでも、ふらふらする。

もしかすると、本当に倒れる。

4時間連続で働くのも無理がある。

毎日続けるには、毎日安定した生活がいる。

普通に寝て普通に食べて普通に働く。

当たり前のことなのだが、当たり前のことが当たり前にできないときがある。

いろいろことを試しても、うまくいかないときがある。

そういうときは、基本の寝る食べる働くを充実させることである。

■成長するために<2995>
寝て食べて働こう。

考えていても迷いは消えない。考えるより行動することだ【小さな成長2991】

立ち止まらないようにする。

立ち止まって考えると、いいことがあるようで大したいいことはない。

止まると、迷いが多くなる。

行動することだ。

行動に移していくことだ。

立ち止まると迷い始める。

迷っている時間がもったいない。

歩くと気分転換になるのは、行動しているから。

ずっと座っていると、色々なことを考え始める。

じっと考えるのは、何もすることが無くなったときにする。

やることが毎日あるときには、考えない。

疲れて寝てしまうぐらいが丁度いい。

寝ると疲れがとれる。

寝るのは薬になる。

寝ると楽になる。

毎日、必ず寝るようにする。

徹夜はしないことだ。

徹夜すると、いい仕事ができない。

無駄な喧嘩が起こる。

疲れたら寝る。

寝てから行動する。

毎日の行動を積み重ねていくには、行動力が欠かせない。

疲れてくると、口で呼吸し始める。

意識して鼻で呼吸してみることだ。

疲れてくると、下を向き始める。

意識して顔を上げてみることだ

疲れてくると背中が丸まり始める。

意識して背筋を伸ばすことだ。

意識して行動していると、心地よい疲労感がある。

疲れたら、寝たらいい。

心地よい疲れのあるほうが、気持ちが充実する。

気持ちが充実し、さらなる行動へつなげることができる。

嫌な思いをしたらどうしようと悩むことはない。

嫌な思いをしたら、もうやらなければいいだけのこと。

嫌な思いをしたら、迷いが1つ減る。

もう二度とやらないと決断できる。

考えるより、今すぐ行動を開始することだ。

■成長するために<2991>
考えるより、行動しよう。

新たなスタートを切る。山や大都市を眺め迷いを吹っ切りスタートする【小さな成長2990】

いくらでもやり直す。

好きなことはいくらでもやり直すことができる。

いくらでもやり直すことだ。

長い間、立ち止まっていた。

立ち止まるのも悪くない。

山を見たり高層ビルを見たり、田舎を見たり大都市を見たり。

いろいろな物を見るときがある。

毎日行って帰ってきた生活とは別世界。

今までと違う世界を見て帰ってくる。

迷うのは、生きているから。

迷いを吹っ切り決断する。

迷いを吹っ切る。

堅い決心で臨む。

新たな前進を、始めることだ。

■成長するために<2990>
堅い決心で、新たなスタートを切ろう。

なんちゃって職人になっていることに気づく。なんちゃって職人は仕事ができない【小さな成長2987】

どうでもいいことにこだわると、人に迷惑をかける。

自分が、なんちゃって職人になっていることに気づくことだ。

1つの職場で、何日か仕事をすると仕事はすぐに覚える。

1つのことを任されて、1日8時間同じことをやっていれば誰でも仕事は覚える。

誰でもできる仕事なのに、自分は凄いと勘違いする。

誰でもできる仕事なのに自分は凄いと勘違いする人間は、なんちゃって職人である。

実際は、ただの日雇い労働者である。

なんちゃって職人のこだわりは、仕事が滞る。

低能ななんちゃって職人のわけの分からないこだわりで仕事が滞る。

なんちゃって職人は、雑魚である。

小者を、相手にしてはいけない。

雑魚は、相手にしないことである。

無視するに限る。

なんちゃって職人は、どうでもいいことにこだわる。

こだわりたければ、一人でこだわればいい。

人を巻き込んで、こだわるのは迷惑である。

なんちゃって職人は、威張りたくて仕様が無い。

目下の新人を捕まえては威張り腐る。

威張り腐るが、何か言い返せば、もう近寄ってこない。

なんちゃって職人は、腑抜けである。

どうでもいいなんちゃって職人に腹を立ててはいけない。

雑魚のなんちゃって職人に腹を立てるということは、自分も雑魚ということである。

雑魚にやらないように気をつける。

できる人間は、腰が低い。

20代のできる人に、最近はよく出会う。

20代のできる人は、皆腰が低い。

それでいて、職場で一番仕事ができる。

なんちゃって職人は、仕事ができない。

なんちゃって職人になるのは、40代50代の人生が詰みそうな人間である。

■成長するために<2987>
なんちゃって職人になっていることに気づこう。

仕事ができない人ほど仕切りたがる【小さな成長2986】

仕切らない。

仕事ができると勘違いしている人は、仕切りたがる。

仕切る必要はない。

仕事は、何も言わなくてもできるようになっている。

皆が皆スーパースターではない。

スーパースターは、一部分である。

職場で1番仕事ができると、仕切る人は勘違いしている。

仕切る人は、空回りする。

何か言って。

何でも言ってと言う。

何も言うはずがない。

何か言えば、面倒くさいのである。

静かにしてくれたほうが、よっぽど仕事は捗るのである。

■成長するために<2986>
仕切るのを、やめよう。